ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17000-1
   
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3時間30分

 発作の観察と適切な対応を
 脳波と連動させた動画で詳しく学ぶ!
 新しい抗てんかん薬・トランジション支援の情報も
 きめ細やかにお伝えします!


指導講師

 
原 稔枝
国立病院機構 名古屋医療センター
脳神経内科病棟 看護師長

元・静岡てんかん・神経医療センター 
小児てんかん病棟 副看護師長

 静岡てんかん・神経医療センターにて手術室、てんかん外科病棟を経て、2015年から小児てんかん病棟に配属となる。2012年に"院内認定てんかん看護師"の資格を取得後は、院内外に向けて、てんかんの正しい知識と理解を得ることを目標に日々取り組んできた。2021年4月より現職。
《静岡てんかん・神経医療センターの紹介》全国でも有数のてんかん治療専門施設。50床を有する小児てんかん病棟では、全国各地から患者が入院し、治療や検査が安心して継続できるような援助と育児、療育を支援する看護を実践。付き添いの家族に対しては、発作の見方、対応の仕方などの指導にもさまざまな工夫を凝らすなど、家族支援に熱心に取り組んでいる。

配布テキストがあるので、
配信期間後も見直すことができる

プログラム

1.てんかんの基本的知識を学ぶ
 1)看護に必要な基礎知識
   ●「てんかん」とは
   ●「てんかん発作」とは
 2)小児てんかんと大人のてんかんの違い
 3)てんかんの分類
  それぞれの原因と特徴
   「特発性てんかんとは?」 
   「症候性てんかんとは?」
   「潜因性てんかんとは?」

 4)てんかん発作の分類
   「部分発作」
   「全般発作」
   「てんかん性スパスム」

 5)てんかんに関する社会制度
   小児慢性特定疾患治療研究事業
   乳児医療費助成制度
   保育園、幼稚園、小学校などに入るときの相談先

2.発作の観察と検査の援助
 1) 【動画を用いて】発作の観察と看護
   ●動画でみる発作の様子、種類とその違い、それぞれへの対応
 2)検査における援助と注意点
   ●脳波検査に関する情報、注意点、観察点、工夫、
    検査リスク、検査時の介入について

3.治療における看護の役割
   内服、手術場面での子どもと家族への支援の具体例
   ●薬物治療における観察と注意点
   ●新しい抗てんかん薬について

4.日常生活支援、家族支援
   発作による受傷を回避するには
   ●暮らしの中での工夫

5.子どもと家族が病気をもっと理解するための
  教育的関わり〜トランジション支援

   famoses(ファモーゼス)子どもと家族のための
    てんかん学習プログラムの活用
   ●乳児期、幼児期、学童期、思春期、若年成人期の支援の違い
   ●家族支援

6.【事例学習】発達段階別の本人と親への関わり


ねらい
 てんかんをもつ子どもに関わる看護師のための実践的看護セミナーです。
 "発作の観察"は動画を視聴しながら、発作時の対応と看護記録の書き方も学べます。
 治療をスムーズにする看護師の援助方法、保護者の不安や悩みにどう対処すればいいかなども解説します。
 てんかんを家族や本人が正しく理解し、自立した生活、治療に取り組めるためのトランジションに関する支援も学べます。
視聴期間 約2週間
講義時間 約3.5時間
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※サービスチケットご利用について
送付資料 テキスト1冊、視聴用ID、パスワード

オンラインセミナー参加者の声
発作の分類・観察と対応がとてもわかりやすかった。
 発作時の映像もわかりやすかった。
 できないことやダメなことばかり考えるのではなく、
 どうしたらできるようになるか、安全に日常生活が送れるようになるかを
 考えるのが大切だと感じた。長く付き合っていくために、正しい知識を学び、
 周囲への理解と協力を得られるような関りをしなければいけないと感じた。
 とてもわかりやすくて、講師の方の熱意が伝わるセミナーだった。(看護師)
薬剤の血中濃度について参考になった。(看護師)
てんかんの観察ポイントと記録方法(看護師)
発作の方と動画がセットになっていてよく分かった。
 スパズムが曖昧であったが理解できた。
 記録の書き方の例はとても参考になりました。(看護師)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671