ホーム全国セミナー一覧を見る
 


商品番号【録画配信 17006-1】
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間
 専従看護師の実践事例で具体的に!

指導講師

 
村山順子
 福岡大学病院 地域医療連携センター
 
新生児入退院調整看護師/社会福祉士

 2003年福岡大学附属看護専門学校卒業後、福岡大学病院総合周産期母子医療センター新生児部門に9年間勤務。2008年九州保健福祉大学社会福祉学部卒業。2010年社会福祉士資格取得。2012年から地域医療連携センター、新生児退院調整看護師として配属。総合周産期母子医療センター(NICU15床、GCU24床)、小児医療センター38床、小児外科病棟25床における入退院支援に関わる。

実践事例・成功例をもとに具体的に指導!
小児の特殊性を理解した、退院支援の実際!


プログラム

1.小児在宅医療の進歩と現状の課題
  “医療的ケア児”の増加の背景とこれからの対応

2.「入退院支援専従看護師」としての役割と実際の動き方
  入退院支援の流れと連携調整の具体策
  NICUの赤ちゃんに「よりそう」支援、ご家族に「よりそう」支援

3.小児入退院支援にまつわる診療報酬の
  最新情報と福祉サービスの知識

 1)2020年の診療報酬改定での小児にまつわる変更点
 2)小児入退院調整に関わる診療報酬施設基準や算定要件
   入退院支援加算1・入退院支援加算3
   退院前在宅療養指導管理料
   退院前訪問指導料
   退院後訪問指導料
   退院時共同指導料
   在宅療養管理料
   在宅療養管理料加算
 3)障がい児の主な福祉制度・サービスについて
   医療費・難病・手当について
   生活用具(補装具・日常生活用具)の給付の知識と申請の手順
   在宅サービス(居宅介護・短期入所・
    重度障がい者入院時コミュニケーション支援事業)について
   相談支援専門員との連携について
   児童発達支援施設について

4.こうすればうまくいった!
  1)病院内の退院支援連携方法
   在宅ファイルの工夫
   退院支援パス導入
  2)地域の医療福祉資源を把握する方法

5.【事例から考える!】
  適切なタイミングと見通しを持ったかかわり

  入退院支援加算1と入退院支援加算3の算定要件に沿った
   入退院支援体制の具体例
   〜退院支援カンファレンス、患者家族面談、
    退院支援計画書立案の詳細について
  医療的ケアを持ち帰る子どもと暮らす家族としての
   決心に向け病棟と協同した事例
  外国籍患者がNICUに入院した時の退院支援について
  在宅での看取りを支援する
  退院支援パスを利用してNICU長期入院患者の退院までの
   流れについての具体策

ねらい
 在宅へ移行する児の入退院支援に必要な情報や実際のやり取りを具体的に解説します。
 受け入れ可能な訪問看護ステーションの把握、保健師さんとの情報共有や、顔の見える関係づくりに関する取り組みなど、入退院調整看護師としての多職種との業務での関わり方を紹介しながら、地域医療連携センター専属の小児入退院支援看護師が普段どのように退院支援に関わっているのかをお伝えします。
視聴期間 約2週間
講義時間 約4時間
申込締切 2021年4月25日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※サービスチケットご利用について
送付資料 テキスト1冊、視聴用ID、パスワード

対面型セミナー参加者の声
はじめて家に帰る子、迎え入れる家族の心情や
 支援のポイントなど理解できた(患者相談室、主任、MSW)
入退院支援加算算定の流れに添った実際の退院支援の事例の説明で
 イメージができた(入退院支援センター 看護師長)
事例を交えて話していただいたのでわかりやすかった。
 病院で経験している内容と重なる部分がたくさんあって
 考えるいい機会になった。(市民病院、小児科、看護師)
カンファレンスを実施する時期や共有し合う内容が
 参考になった(NICU/GCU 看護師)
GCUでの退院調整に役立てたいと思います。(GCU)
事例をもとにどのような内容をサポートすればよいかが
 わかりやすかった(小児病棟GCU)
援助の実際が聴けて、イメージできた。(NICU係長)
多職種とどういう意見交換が必要なのか漠然としていたが、明確化できた

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671