ホーム全国セミナー一覧を見る
 


商品番号【録画配信 17010-1】
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約2時間
 波形からわかる児の状態のアセスメントと対応
 専門性を発揮するための助産師の視点と
 ケア・おさえておきたい基礎知識

指導講師


大西舞子
京都大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター
母性看護専門看護師/アドバンス助産師
プラクティカルCTG判読スペシャリスト2nd 認

京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 博士後期課程

 2000年より助産師として京都第一赤十字病院 総合周産期母子医療センターで勤務、2010年母性看護専門看護師認定を受け、ハイリスク妊婦の継続ケアシステムの確立や助産外来立ち上げに携わった。その後、産科診療所や助産院での勤務を経て、2016年より武庫川女子大学 看護分野での教員と臨床非常勤勤務、2021年4月からは京都大学医学部附属病院総合周産期母子医療センターで勤務。京都大学大学院博士後期課程在学中。その他、教育機関での講義、研修会講師、関連学会での発表や専門誌執筆を行う。アドバンス助産師、プラクティカルCTG判読スぺシャリスト2nd認定。

胎児心拍数波形レベル別の判断と
助産師の対応がわかる

プログラム

1.分娩時における胎児管理の
  ポイントとアセスメント

 ●CTG(胎児心拍数陣痛図)の特徴
 ●基線細変動の重要性
 ●基線と一過性徐脈に重症度をつける

2.助産師が知っておくべき
  CTGの判読チェックポイント

 ●正確に記録するための正しいモニター装着方法と再確認のコツ
 ●胎児心拍数基線(FHR baseline)のチェックポイント
 ●基線細変動(FHR baseline variability)のチェックポイント
 ●一過性頻脈(accerelation)のチェックポイント
 ●一過性徐脈(decerelation)のチェックポイント
 ●子宮収縮 (contraction)のチェックポイント
 ●一過性徐脈の種類と原因・特徴・より高度な基準

3.胎児の状態とCTG所見と判断のポイント、
  変化の予測

 ●通常の状態
 ●子宮内低酸素状態
 ●胎児低酸素症
 ●胎児酸血症

4.CTGのレベル分類と対応・処置
 ●基線再変動・基線・一過性徐脈によるレベル分類
 ●レベル別対応・処置

5.CTGの判読演習 【基礎編】
  実際の判読と対応を学ぶ

 ●基線再変動の増加・減少
 ●胎児頻脈
 ●早発・変動・遅発・遷延一過性徐脈 など

6.CTGの判読演習 【応用編】
  実際の判読と対応を学ぶ

 ●基線再変動消失
 ●常位胎盤早期剥離
 ●サイナソイダルパターン
 ●一見reassuringと判断しがちな異常波形 など

7.確認テスト
 合否はありません、
 視聴者の理解度をご自身で確認できるためのものです。

※確認テストのご提出がない場合は
  『アドバンス助産師 2020年度更新要件「選択研修」』の
 受講修了証明証の発行はいたしかねます。

波形から推測できる胎児の状態の把握
ねらい
 分娩過程においては、産婦と関係を築きながら、観察-判断-ケアといった一連の臨床判断プロセスの中で産科特有のフィジカルアセスメント能力が求められます。 本セミナーでは、特に異常波形を見逃さず、正しく判読できれば分娩時の異常の早期発見につながることから、CTG(胎児心拍数陣痛図)について基本を押さえて、判読のポイント、胎児機能不全の評価法とドクターコールを含めた助産師の判断・対応方法について実践的にわかりやすく解説するセミナーです。
視聴期間 約2週間
講義時間 約2時間
申込締切 2021年4月25日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
受講料 一般11,000円 会員8,000円(1名につき・消費税込)
※サービスチケットご利用について

※アドバンス助産師2022年更新要件「選択研修」(2時間)に該当します。
 本セミナーを受講された方には受講修了証明証を発行いたします。
 (申請要件の詳細は日本助産評価機構のホームページ参照)。

対面式セミナーの参加者の声
オーバーシュートやHARADAの波についてわかりやすく、実践に活用できそう。
最新のガイドラインの内容も盛り込まれており興味深かった。
とても分かりやすい講座だった。
 オンデマンドなので、自分の時間を活用できて良かった。
判読演習の症例がたくさんあって良かった。
これまで不明瞭にしていた部分が理解できた。
事例をもとにしたCTGの判読演習があり、前半で学習した基本知識の確認が
 できた。
聞き取りやすく、自分のペースで学べたのでよかった。
助産師の対応も併せて確認でき、臨床での応用もイメージしやすかった。
症例を見て、除脈や高度、軽度の分類を繰り返しやったので覚えやすかった。
基本的なことを振り返り、知識の確認ができた。
日々の業務に役立つ内容だった。
苦手な部分があったのだが、理解が深められた。
 本で読むよりも、ひとに説明してもらう方が頭に入りやすいので、
 私にとっては良いセミナーだった。
ベーシックな内容ですが振り返りができ、
 CTGの判読の際、注意する点やポイントが分かった。
ゆっくり確認しながら講義を受けることができた。
saltatory patternとmarked variability 頻脈の原因など実践的だった。
判定のみでなく、総合的にアセスメントし対応する方法がわかった。
胎児心拍が低下した場合、助産師は何をしなければならないのか
 参考になってよかった。
今まで以上にCTGについて理解が深まった。
分かりやすく、判断の仕方が分かった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671