ホーム全国セミナー一覧を見る
 


商品番号【録画配信 17013-1】
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間
 周術期医療を左右する麻酔知識の重要点が理解できる!


指導講師

 
吉田 奏
聖路加国際病院 麻酔科・周術期センター 
周麻酔期看護師チーフ
奈良県立医科大学大学院 周麻酔期看護学 非常勤講師
日本周麻酔期看護医学会 理事

 2006年聖路加看護大学卒業、同年より聖路加国際病院で手術室看護師として勤務。2010年聖路加看護大学大学院修士課程(周麻酔期看護学)入学。2012年同病院麻酔科・周術期センターへ配属、「周麻酔期看護師」の辞令を受け、麻酔科医と共に手術室に限らず院内の麻酔科が関与する診療全般にかかわり、日々麻酔補助業務を行っている。2018年東京女子医科大学大学院博士課程入学(医学研究科外科系麻酔科学分野専攻)。

着々と養成大学も増えてきている中、
最新情報が得られる

プログラム

1.周麻酔期医療と周麻酔期看護師
 周麻酔期看護師の役割と活動紹介
2.術前の患者評価
 気道系、呼吸器系、循環器系、内分泌・代謝、肝臓・腎臓、その他
3.麻酔方法
 基礎から知る全身麻酔と局所麻酔
 各種モニターの基礎知識
  ●脳波モニター、筋弛緩モニター
4.基礎から学ぶ術中の麻酔管理
 患者評価に必要な生理学と各種モニターの基礎知識
  呼吸生理、循環生理、輸液の考え方、体温管理
  パルスオキシメータ、カプノメータ、血圧、心電図、
   中心静脈圧、脈圧の呼吸性変動等
5.手術室の医療安全


ねらい
 本セミナーでは「周麻酔期」に注目し、患者中心の手術看護をイメージしながら「麻酔管理」について学びます。
 講師に周麻酔期看護師第一号の吉田奏先生をお迎えしました。初級者にもわかりやすく麻酔管理の基本から説明していきながら、周麻酔期の捉え方・考え方をしっかり解説していきます。
視聴期間 約2週間
講義時間 約4時間
受講料 一般14,000円 会員11,000円(1名につき・消費税込)
※サービスチケットご利用について
送付資料 テキスト1冊、視聴用ID、パスワード

対面型セミナーの参加者の声
すべて聞きたい内容で盛りだくさんだった
循環器や呼吸器に何が起こるかわかったので術前チェックに活かせる
輸液について非常によくわかった
大量輸血のことが理解できた
全身管理や合併症について解説してもらい今後に活かせる
新しく知ったことも多くあった
禁煙することでの麻酔への良い影響の話などもあり面白く聞けた
ERASが理解できた
スライドの中の手書きのイラストがとても可愛く愛情と工夫を感じました

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671