ホーム全国セミナー一覧を見る
 


商品番号【録画配信 17022-1】
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間
 心揺さぶられるエピソードを通して学ぶ!

指導講師

 
大井裕子
 社会福祉法人聖ヨハネ会桜町病院
 
在宅診療部長
 広島大学医学部 客員教授
 日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック
 臨床教授

1992年広島大学医学部卒業後、原爆放射線医科学研究所外科に入局。外科医、地域医療、在宅医療の経験を経て2006年より桜町病院ホスピスでがんの終末期の患者と家族のケアにあたる。ホスピスでの1,000人を超える看取りの経験を基に2014年より広島県廿日市市で「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」を主催し、地域住民、専門職と共に食支援と聴くことをテーマに活動を続ける。2017年『〈暮らしの中の看取り〉準備講座』(中外医学社)発刊。2018年より桜町病院在宅診療部長、広島大学客員准教授。医学部での看取りに関わる講義、介護施設での看取りの研修、一般市民や医療・介護従事者等を対象に、看取りに関わるそれぞれの立場で患者や家族をどうサポートできるのかを考える講演・ワークショップを担当。



ほんの少しの踏み込んだ質問で,
患者の思いを引き出し,
患者自身の言葉で答えを見つけていく!


プログラム

1.誰かを看取るということ
 看取りとは
 看取りの現場で自分は何ができるか
 残された家族の抱える苦しみとは

 看取りに関わった医療・介護職の抱える苦しみとは

2.残される家族の心の癒やしになる
  看取りの実現のために

 緩和ケアの考え方を取り入れる
 患者の苦痛を全人的苦痛としてとらえる
 患者と家族への声のかけ方

3.見通しを知る
 急変ではなく予測されたことがおこる
 予測される症状への対応
 急変時に求められる対応
 死へのプロセス
 患者の死が差し迫った時に配慮すべきこと

4.人生の最終段階に食べることの意味
 食べられない理由〜がんの場合と認知症の場合
 「うまく食べる」提案と「食を楽しむ」提案
 食べることをあきらめるまでのプロセスを共有する

5.声かけや対話から生まれる小さな希望を支える
  「聴く力」

 様々な場面で求められる「聴く力」
 死生観を持つこと、逃げないで聴くことの意味

6.ケアする側が不安を抱えたまま
  看取りを行わないために

 事前に確認しておきたいこと
 ケアする人のケア

7.【事例で学ぶ】
  終末期の患者・家族への声かけ・対話

 先を見通して「今」というタイミングを逃さない
  声かけが活きる場面
 「もうあきらめている」と言われても
  生き生きと語れる可能性を奪わない
 「自分は何もできない」と思って見ている家族への声かけ
 アルツハイマー型認知症があるがん患者が求める声かけ
 「死ぬのがこわい」という患者の本当の心理を見逃さない声かけ
 医療者に向けられた怒りへのアプローチ
 食べる話題を避けている家族へのアプローチ

視聴期間 約2週間
講義時間 約4時間
申込締切 2021年4月25日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
受講料 一般19,000円 会員16,000円(1名につき・消費税込)
※サービスチケットご利用について
送付資料 テキスト1冊、視聴用ID、パスワード

オンラインセミナー参加者の声
緩和ケアに必要な基本的知識を得られた。
在宅療養を支援する中で、参考になりました。
具体例をあげ実際の言葉がけの方法がわかりやすかった。
終末期の患者に対しての関わり方に再度学び直しができた。
癌や非癌患者の看取りや最期の食事に関する時の対応などを学べた。
ケアする側が不安を抱えたまま看取りを行わないための具体策を教授して頂いた。
日頃、自分が思っていたことを肯定してくれた感覚があったから。
 事例があり、わかりやすかった。
先生のたくさんの経験の中からたくさん事例を用いて話してくださり、
 すごくわかりやすかったです。
自分の中のモヤモヤした疑問などが少しはれたから。
 今後関わる場面ですぐに実践してみようと思った。
今実践していることを改めて考え直す機会となった。
 先生の経験からのはなしが多くありイメージしやすかったです。
医師の経験から事例を用いているのでイメージしやすく、
 実践で役立つ講義だった。家族へのケアがとても参考になった。
抱いていた不安や疑問が少し晴れ、先生の話されたことがピタッとはまりました。
 「そう、そう、私も思ったことがある」と感じました。
自分が行っていることの確認もできたり、気づかされたこともあった。
 これからの看護で意識して関わっていきたいと思うことがあった。
先生のお話は具体的で分かりやすく、実際に立ち止まってしまうような場面で
 実践できる内容でした。お話のスピードもちょうど良かったです。
こんな時どう対応したら良いのか、どう声掛けしたら良いのかわからなかった事を
 具体的な例をあげてはなされたので、分かりやすかった。
似たような症例が頭に浮かんだ。あの時あぁすればよかったと思った。
 これから同じような場面に出会った時に実践したいと思った。
講義内容で得るものが多かった。
 オンデマンドなので自分の時間で視聴が可能であり、
 聞き逃し部分も繰り返し再生して確認が可能であるため、
 とても有意義な時間が得られた。
事例を挙げての説明がとても理解しやすく、勉強になりました。
 先生のような方と一緒に働きたいと思うと同時に、
 自分もこれからまだまだ研鑽しなくてはと前向きな気持ちになれました。
看取りケアについて具体例を交えての講義内容であり、わかりやすかった。
 自分の臨床経験では看取る場面がなかったのでイメージつきにくかったが、
 今回の講義で看取りについてじっくり考えることができた。
家族や患者への声掛けなど事例を通して学べた。
 スタッフの中に「悲観的なことを言われたらどうしたらいいのか」 
 「もうだめなんですよね」と言われた時励ましてはいけないのはわかっているが
 言葉が見つからない」と言われたことがある。
 今回受講して学べたことを皆に伝えたいと思います
教科書には書かれていない内容が沢山あった。看取りのへのプロセスについて、
 本人、家族、医療スタッフなどそれぞれの状況に分けられ説明されていた。
 その説明はテキストにある内容でなく先生の経験に基づくものであり、
 事例も紹介され状況などイメージしやすく非常にわかりやすかった。
 医師としての治療の話ではなく、医療スタッフ誰にでも活用できる
 内容となっていた。
 最後の質問に対しても、「最後まで聴こえているのか?」「寄り添う事」の答えも
 納得できる説明であった。
教育現場で働く立場ではありますが、先生がこれまでに関わってこられた
 多くの事例紹介を含めた具体的説明に多くの時間をとっていただき、
 緩和ケアの対象となる患者様やご家族の理解、治療や看護の状況について
 イメージ化ができました 。
 看護基礎教育に関わる者として、緩和ケアへの関心が高まったと同時に
 難しさをあらためて感じました。
 また、看護の原点を振り返る貴重な機会ともなりました。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜16時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671