ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17022-3
 
好評再配信2回目


患者・家族の安心につながる看取りケア
心揺さぶられるエピソードを
通して学ぶ!
患者・家族の安心につながる
看取りケアのプロセスと
声かけ・対話・聴く力


 指導講師

  大井裕子
聖ヨハネ会桜町病院
在宅診療部長
広島大学医学部 客員教授
日本歯科大学
口腔リハビリテーション
多摩クリニック 臨床教授


 1992年広島大学医学部卒業後、原爆放射線医科学研究所外科に入局。外科医、地域医療の経験を経て2006年より桜町病院ホスピスでがんの終末期の患者と家族のケアにあたる。ホスピスでの1,000人を超える看取りの経験をもとに2014年より広島県廿日市市で「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」を主催し、地域住民、専門職と共に看取りをみすえた食支援と聴くことをテーマに活動を続ける。2017年『〈暮らしの中の看取り〉準備講座』(中外医学社)発刊。2018年より桜町病院在宅診療部長。医学部や歯学部の学生講義に看取りをテーマに取り上げ、医療介護施設の看取りに関する研修を担当、一般市民や医療・介護従事者とともにそれぞれの立場で患者や家族をどうサポートできるのかを考える講演・ワークショップを継続している。

ほんの少しの踏み込んだ質問で,
患者の思いを引き出し,
患者自身の言葉で
答えを見つけていく!
 プログラム

1.誰かを看取るということ
 看取りとは
 看取りの現場で自分は何ができるか
 残された家族の抱える苦しみとは
 看取りに関わった
  医療・介護職の抱える苦しみとは

2.残される家族の心の
  癒やしになる
  看取りの実現のために

 緩和ケアの考え方を取り入れる
 ●患者の苦痛を
  全人的苦痛としてとらえる
 ●患者と家族への声のかけ方

3.見通しを知る
 急変ではなく予測されたことがおこる
 ●予測される症状への対応
 ●急変時に求められる対応
 ●死へのプロセス
 ●患者の死が差し迫った時に
  配慮すべきこと

4.人生の最終段階に
  食べることの意味

 食べられない理由
  〜がんの場合と認知症の場合
 ●「うまく食べる」提案と
  「食を楽しむ」提案
 ●食べることをあきらめるまでの
  プロセスを共有する

5.声かけや対話から生まれる
  小さな希望を支える
  「聴く力」

 様々な場面で求められる「聴く力」
 ●死生観を持つこと、
  逃げないで聴くことの意味

6.ケアする側が不安を
  抱えたまま
  看取りを行わないために

 事前に確認しておきたいこと
 ●ケアする人のケア

7.【事例で学ぶ】
  終末期の患者・家族への
  声かけ・対話

 先を見通して
  「今」というタイミングを逃さない
  声かけが活きる場面
 ●「もうあきらめている」と言われても
  生き生きと語れる可能性を奪わない
 ●「自分は何もできない」と思って
  見ている家族への声かけ
 ●アルツハイマー型認知症がある
  がん患者が求める声かけ
 ●「死ぬのがこわい」という患者の
  本当の心理を見逃さない声かけ
 ●医療者に向けられた怒りへの
  アプローチ
 ●食べる話題を避けている
  家族へのアプローチ



視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年12月15日(木)
講義時間
約4時間
受講料
一般19,000円 会員16,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年2月9日(木)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら




Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.