ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17027-3
  初級編ICU・CCU看護
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4.5時間

 基礎の基礎からメカニズムを分かりやすく!
 ICU経験3年未満の方とその指導者対象

指導講師

 
尾野敏明
 東海大学医学部付属病院
 看護師キャリア支援センター
 集中ケア認定看護師教育課程 主任教員

 1986年神奈川県立こども医療センター、1989年に大分医科大学医学部附属病院ICU勤務。2001年に重症集中ケア認定看護師を取得し、2003年日本看護協会看護研修学校重症集中ケア学科専任教員となる。2005年から大分大学医学部附属病院に戻り、ICU副看護師長、2009年から杏林大学医学部付属病院集中ケア認定看護師教育課程で主任教員を務める。2020年4月より現職。
いま必要ない知識は削ぎ落として、
ポイントとエビデンスのみを抽出!
ベストケアを目指すのではなく、要点のみを抽出!
ポイントを厳選した結果できた時間で、エビデンスもしっかり伝授!
解説や例えの分かりやすさに太鼓判の講師

現場で起こることを噛み砕いて指導!
しっかり実践に繋げることができる!

プログラム

1.生体侵襲反応のメカニズム
 SIRSってなに?
 セカンドアタックセオリーがわかればケアの方向性が見える
 バクテリアル・トランスロケーションってなに?

2.循環アセスメントのポイント
 心電図の基本・刺激伝導系がわかればOK
 アセスメントの基本は前負荷・後負荷・心収縮力
 循環パラメータからわかることはなに?

3.呼吸アセスメントのポイント
 呼吸器系のフィジカルアセスメントを理解する
 低酸素血症の原因がわかればケアが変わる
 血ガスの見方を理解しアセスメントにつなげる
 酸素療法
 人工呼吸管理の基本
 ケアに活かすX-Pの見方のポイント

4.凝固・線溶系アセスメントのポイント
 そうだったのか凝固・線溶系
 凝固カスケードをシンプルに理解する

5.体液・輸液管理、栄養管理の基本
 意外と重要!体液生理を理解する
 サードスペースってどこ?侵襲時の体液変動!
 輸液の基本はどう考える?
 エネルギー必要量を理解する

6.鎮痛・鎮静・せん妄管理のポイント
 せん妄は要因を把握することから始まる
 スケールを使いこなす


視聴期間 約2週間
開講日 2021年12月5日(日)
講義時間 約4.5時間
受講料 一般14,000円 会員11,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年1月6日(木)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


受講者の声
各項目のエビデンスがわかりやすい。
本当にわかりやすく自分だけの勉強では気が付かなかったところがたくさんあった、
 理屈がわかった。
炎症についての説明がわかりやすかった。
説明が分かりやすく理解しやすかった。
ニードにあっていました。
理解しやすい、復習になる。
分かりやすく、指導を行うにあたりとても参考になった。
イラストや例えがわかりやすかった。
知りたい事が学べた。
すごくわかりやすかったです。
基礎的な内容ですぐに臨床で活かせる内容だったから。
話の速度や声量が聞き取りやすくて、分かりやすい表現を使っていただいたから。
今までの知識プラスアルファで勉強になった。
1つ丁寧で臨床に即して説明されていたため分かりやすかった。
 オンラインで一度で理解できなかったところを何度も見返せたため。
前回のセミナーで聞き逃した内容も全部聞き取る事ができた為
呼吸循環のみでなく、レントゲンの見方や看護の方法まであったため。
原理やなぜそうなるかの基礎を学べ、大変勉強になりました。
初心者に優しく噛み砕いて説明してくれていた。
検査データの見方、レントゲンをみて看護ケアに活かしたい。
全ての項目がわかりやすかった。心電図のモニターつけ方や
 線溶系のワーファリン・ヘパリン使用時の指標は知っていたが、
 その理由が分かっていなかった。新人にも理屈を説明できる。
炎症の説明。酸塩基についての説明。凝固系の説明。
例えもありわかりやすく学べました
基本的に教えなければならないことがわかった。
基礎的な内容で説明も例えが多くあったためイメージしやすく、わかりやすかった。
循環アセスメントについて分かりやすく臨床でも役たつ。
図や説明が分かりやすい。補足も理解しやすい。
根拠まで教えてくれているほぼ全て。
酸塩基平衡で血ガスの結果を患者の呼吸状態などと合わせて考えることで
 状態の把握につながると思った。
呼吸アセスメント全て良かったです。
ハンドアウトに書いていない補足事項や、知識、解説をして下さったから。
 動画なので、メモが間に合わない時に止めたり巻き戻しできてよかった。
なんとなくでしかわからなかったことが根拠まで理解できた。
働くうえで、基本的な知識が得られた。
説明が分かりやすく、自分が知りたいと思っていた事、内容であったから
例えなどがあり分かりやすい説明であった
概要として網羅されているから。
ICU患者のアセスメントについて教えていただき、
 どこを見るべきか学ぶことができました。
臨床に近い目線で講義をしてくださったため。
ポイント絞って詳しく説明していただけたので改めて理解も深まり、
 早速教育にも生かせそうです。
ICU入室中の患者さんの身体にどのようなことが起こっているかの基本を学ぶ
 ことができた説明がとても分かりやすかった。エビデンスの理解につながった。
自分が理解しきれていない内容の理解につながった。
すぐにでも看護に生かせるような内容だった

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「【初級編】ICU・CCU看護 これができれば合格点!」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671