ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17029-4
  看護学生の学習を促す授業方法入門
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:160分
好評再配信3回目

指導講師

 
中井俊樹
愛媛大学
教育・学生支援機構 教授

 専門は人材育成論、大学教育論。1998年に名古屋大学高等教育研究センター助手となり、同センター准教授などを経て2015年より現職。松山看護専門学校、河原医療大学校などで看護学生を対象に教育学の授業担当を経験。大学教育学会理事および日本高等教育開発協会理事。著書に『看護教育実践シリーズ1教育と学習の原理』(共編著、医学書院)、『看護教育実践シリーズ2授業設計と教育評価』(共編著、医学書院)、『看護現場で使える教育学の理論と技法』(編著、メディカ出版)ほか多数。

アシスタント

 
上月翔太
愛媛大学
教育・学生支援機構 講師

 専門は高等教育論、文芸学、西洋古代文学。日本学術振興会特別研究員(DC2)、大阪産業大学ほか非常勤講師、大阪大学大学院文学研究科助教、愛媛大学教育・学生支援機構特任助教を経て、2023年より現職。河原医療大学校で看護学生を対象に教育学の授業を担当。著書に『看護のための教育学第2版』(分担執筆、医学書院)、『看護教員のための問題と解説で学ぶ教育設計力トレーニング』(分担執筆、医学書院)ほか。

●学生がより理解できる1回の授業の構成を学ぶ!
●教室をマネジメントする基礎知識を習得!

プログラム

1.教育の世界へようこそ
  ●学習者検証の原理
  ●素材と方法
  ●課題「人が学ぶとき」

2.1回の授業をつくる
  ●導入
  ●展開
  ●課題「1回の授業の構成」

3.わかりやすく説明する
  ●内容を構造化する
  ●理解を促す説明
  ●課題「わかりやすい説明の工夫」

4.スライドを活用する
  ●マルチメディア教材の原理
  ●スライド作成の基本
  ●課題「スライドの工夫」

5.発問で思考を促す
  ●問いには力がある
  ●さまざまな種類の発問
  ●課題「授業における発問」

6.発問と指示を組み合わせる
  ●簡単な指示を組み合わせる
  ●遠隔授業での実践
  ●課題「発問と指示の組み合わせ」

7.協同学習を取り入れる
  ●協同学習とは
  ●効果的な協同学習の条件
  ●課題「協同学習の方法」

8.授業時間外の学習を促す
  ●学生に繰り返し伝える
  ●学習課題を提示する際の工夫
  ●課題「授業時間外の学習課題」

9.教室をマネジメントする
  ●授業のルールの例
  ●問題行動を制止するための理由
  ●課題「学習環境の改善」

10.教育における倫理を理解する
  ●外的基準と内的基準
  ●多様性を尊重する
  ●課題「教育における倫理」

11.まとめとふりかえり
  ●本セミナーの構成
  ●授業での活用に向けて
  ●課題「学習のふりかえり」


ねらい
 看護に関する知識や技能を持っているからといって、必ずしも効果的に教えられると言うわけではありません。看護教員には、教える内容に関する知識と教えるための知識の両方が必要だからです。本セミナーは、看護教員がより魅力的な授業を実践するために、授業方法の基礎を身につけることを目的としています。教育学の理論的背景とさまざまな実践事例を通して学びます。また、録画配信でも単調にならないように講師とアシスタントの対話を通して学べるように工夫しています。
視聴期間 14日間(講義時間160分) ※ご希望の日から視聴を開始できます。
視聴方法 スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。
教材 PDFテキスト(32頁)
※冊子をご希望の方は別途1,500円(受講者に1冊のみ販売)。
受講料 一般13,000円(冊子込み14,500円) 
会員10,000円
(冊子込み11,500円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
※サービスチケットご利用について
お支払方法 コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
・クレジットカード決済
・代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
 メール:cs@nissoken.com TEL:0120-057671
申込締切 配信期間延長中

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら
※オンラインセミナーお申込みの方に、全商品で使えるポイントをプレゼント!
 詳しくはこちら

  • 申し込み画面へ進む※受講要領をご確認ください
  • ご視聴はこちら

受講者の声
全てがわかりやすく参考にできる内容だった。
入門編として基礎的な知識が得られた。
授業を行う上での基本的なことを知ることができた。
授業方法入門なので基本的に理解しておくことが説明されていた。
授業方法の入門として基礎の内容をわかりやすく教えてくださり受講して良かった。
これから授業準備を行うのに参考になった。
どのように授業を組み立てていけば効果的か具体的でわかりやすかった。
自分の授業のリフレクションができた。
具体的で分かりやすかった。自分の授業を振り返る機会となった。
学生の思考を刺激するためにどのように発問したらよいか考えることができた。
発問に関することと時間外学習に関することが特に参考にしようと思いました。
教室マネジメントは今まで意識していなかったが、教員としては意識しないといけないことだと思った内容でした。
セミナーの構成が今から自分の授業に生かせる内容だったし、倫理面の対応も疑問に感じていたことの解決になった。
中井先生はとてもゆっくり話されるので、とても聴き取りやすかったです。見習いたいと思いました。
アシスタントの方とのやり取りがとても良かった。自分の授業を振り返ることができた。
自分が確認したい内容が盛り込まれていた。2人の先生のやりとりで具体的な事例を見せていただきわかりやすかった。
必要なことが網羅されていると思った。自分が授業準備する上で、これで良いのかなと思っていた発問やスライドの作成について、どうしたら学生に伝わるかと言う視点での内容だったのでチャレンジしようと思った。
中井先生が与えた課題に上月先生がこれまでの経験を省察しつつ素直な意見を述べてくださっていたのも親近感がありました。
まだ授業を実施していないため、ピンとこないところもあったが、今後実践してみる価値がある発問の手法や教育における倫理の考え方等を学ぶことができて大変参考になった。
授業で活用していきたいと思う内容だった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「看護学生の学習を促す授業方法入門」

 

関連セミナー
看護学生の学習支援の方法
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
自信を持って後輩を育てる
先輩看護師になるための指導法入門
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
看護学生の学習を促す
アクティブラーニング入門
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
看護学生の学習を促す
授業設計入門
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
看護学生の学習を促す
教育評価入門
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

看護教員・看護指導者に
求められる倫理と指導のあり方
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671