ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17038-1
  認知症の人へのケア&リハビリ
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間

 認知症があってもQOL向上に結びつけるリハビリアプローチを!
 認知症の人の生活障害を改善するケア&リハビリの具体策を学ぶ!



  指導講師 松下 太   森ノ宮医療大学 保健医療学部
作業療法学科 教授
認知症専門作業療法士/医学博士

 作業療法士(認知症専門作業療法士)、医学博士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉用具プランナー、認知症ケアマッピング基礎ユーザー(Basic Mapper)。1990年に作業療法士免許を取得し、病院や介護老人保健施設にて認知症の人のリハビリテーションに従事する。2009年四條畷学園短期大学リハビリテーション学科講師。2016年より現職。大学の教員となってからも、重度認知症デイケアや特別養護老人ホーム、認知症初期集中支援チームなどで認知症の人の支援にかかわっている。


認知症専門の作業療法士が指導!
個別ケア実現に向けたアプローチ方法や
かかわる際の留意点を解説!


プログラム

1.パーソン・センタード・ケアを基盤とした
  リハビリテーションとは?

 ―「その人らしさ」を重視し心理的安定を目的とした
  リハビリテーション

2.認知症の人に対する4つの視点からの
  ケアとリハビリアプローチ

 ―「認知」「刺激」「行動」「感情」に焦点を当てた非薬物療法

3.認知機能の回復を目的とした「認知リハビリ」
 ―「誤りなし学習」によるリハビリの効果的な進め方

4.認知症の人の生活行為に対するケアと
  リハビリアプローチ

 ―ICFから生活障害を捉え介入するケアとリハビリテーション

5.認知症の人の行為を引き出す
  「手続き記憶」を用いたアプローチ

 ―脳機能の視点から手がかりの提示や環境の調整を工夫する具体例

6.認知症の人の個別プログラム策定の際の留意点
 ―その人の「ナラティブ」の理解と「真のニーズ」の明確化

7.重度認知症の人への五感を刺激する
  ケアとリハビリテーション

 ―「感覚刺激」に働きかけるアプローチの具体例

.認知症があっても「その人らしさ」を
  取り戻すケアとリハビリテーション

 ―笑顔を引き出し「人間らしく生きる権利の回復」を!


効果的なリハビリプログラム策定の手順や
講師が実践しているリハビリの工夫を紹介!

ねらい
 本セミナーでは、リハビリ専門のセラピストのみならず、多職種によるチームケアとして展開する認知症の人へのケアやリハビリテーションについて、とりわけ以下の要点について学びます。
認知症の人の行動背景(ナラティブ)を理解した
リハビリアプローチの重要性

日頃のケアで実践する認知症の人の残存機能を生かした
リハビリプログラムの具体策
認知症の人の生活障害改善を目的としたチームによる
ケア・リハビリの工夫例

視聴期間 約2週間
申込締切 2021年6月30日(水)
講義時間 約4時間
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
 代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
 ご入金確認後のご視聴になります。


対面式セミナーの参加者の声
パーソンセンタードケアの捉え方を具体的なエピソードを交えて
 教えていただけたので理解が深まり、
 認知症の人への個別性の高いケアの必要性を再認識できた。(作業療法士)
認知症の人へのリハビリテーションには“その人らしさ”を見ながら
 アプローチしていくことが重要であることが理解できた。(理学療法士)
認知症の人の生活行為に対するケアとリハビリアプローチについて
 スタッフに伝えることができる具体的な事例をたくさん得ることが
 できる内容だった。(看護師)
重度の認知症の人への日ごろの対応に迷いがあったが、講師の話を聞いて
 声かけの仕方やリハビリ的なかかわり方のポイントが理解できた。(介護福祉士)
認知症の人へのケアとリハビリの目標を立てて実践していく上で、
 その人のナラティブを理解することと個人因子としての強みを
 生かしていくことの重要性がよくわかった。(看護師)
自分自身が普段正しいと思い込んでいた認知症の人への介入の仕方について
 見直しが必要だと考える機会を得ることができた。(リハビリ職)
認知症専門の作業療法士ならではの視点と理論的でかつ具体的で
 かつ面白いお話だったので、わかりやすく参考になりました。(作業療法士)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「パーソン・センタード・ケアを基盤とした
 認知症の人への【ケア&リハビリテーション】8つの具体策」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671