ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17048-4
  ルーブリック作成・活用で学ぶ学習評価
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間

 【集大成】ルーブリック丸分かり! 看護教員のためのバイブル講義
ダウンロード特典
現場ですぐ使える各領域のルーブリックをプレゼント


指導講師

 
北川 明
順天堂大学 保健看護学部 精神看護学領域 教授

 大阪大学医学部保健学科卒業。広島大学大学院保健学研究科博士課程前期修了。ルーブリック評価を取り入れたカリキュラムとその効果に関する研究、発達障害傾向の看護学生に対する支援とその体制に関する研究をテーマとしている。各地の看護研修、ファシリテーターとして活躍。主な著書に『ケアリング技術に基づく看護技術支援マニュアル』(編集、メヂカルフレンド社)、『看護を教える人のための経験型実習教育ワークブック』(共著、医学書院)、『看護実習に役立つルーブリック 作成法と実用例』(編著、日総研出版)がある。


【総まとめ】これから学ぶ方・復習したい方にもおススメ

プログラム

看護基礎教育と学生支援のあり方
〜ルーブリックが取り沙汰されるようになってきた背景とは
 高等教育の質的転換
 教授学習パラダイムの転換
 アクティブラーニングと学生支援

評価の基本“学生を評価する”を改めて問い直す
 ●評価の種類
 ●RUMBAの法則
 ●ブルームのタキソノミー
 ●能力の評価
 ●ルーブリックの必要性

ルーブリックの基本・使い方
 ●ルーブリックの概要
 ●ルーブリックの基本構造
 ●ルーブリックを使った採点
 ●ルーブリックを使った授業改善
 ●良いルーブリックとは? 評価の信頼性と妥当性

ルーブリックの作成方法
 ルーブリック作成の4段階
 ●ワークの手順(ポストイット法)
 ●ルーブリックを作成する上での考え方
 ●パフォーマンスを評価する
 ●その他のルーブリック作成方法の紹介
 ●【具体的作成手順】実習目標からのルーブリック作成
 ●実習における評価基準への提言

ルーブリックの見直し
 ルーブリックの妥当性
 ●ルーブリックの信頼性向上
 ●抽象的な目標とルーブリック
 ●ルーブリックの導入方法

ルーブリックの効果
 ルーブリックの効果
 ●アンケート結果
 ●ルーブリックの課題

ICEルーブリックとは
 ●ICEルーブリックの概要
 ●ICEルーブリックの実例

ディプロマ・ポリシーと
ルーブリックコンピテンシーの育成
 3つのポリシーとは
 ●コンピテンシーを育成すること
 ●カリキュラムとディプロマ・ポリシー

Q&A よくある質問と回答


評価項目の作り方から修正方法、運用のコツまでわかる

ねらい
 パフォーマンス評価の導入と見直しを検討している方に向けて、ルーブリックの基礎的な考え方、導入にあたっての指針、前提条件、基準項目作りにおいての注意点、評価運用と修正方法を示します。よりシンプルでわかりやすい評価体系を構築するポイントについて、わかりやすい事例を交えて解説します。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年8月17日(水)
講義時間 約4時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年10月12日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

対面式セミナー受講者の声
今後ルーブリックの取り組みを始めるにあたり、
 作成プロセスが体験的に学べてよかったです。(看護大学/導入予定)
わかりやすかったです。
 演習時も助言していただき丁寧でした(看護学校/導入予定)
グループワークをしたら、できそうな気がしてきました。
 評価基準を明確に示すことができ、学生の学習指針になる!
 こんな良いことはないですね(看護短期大学/導入予定)
評価基準が難しく、納得できるルーブリックが作れなくて参加しました。
 北川先生のお話はとてもわかりやすく、
 自分の疑問を解決してくれました(看護学校/1年間実施)
見直しのポイントが明確でした(看護大学/2年間実施)
評価尺度が極端になってしまうことがあり、
 評価がしにくいことがあって参加しました。
 ルーブリックの考え方がわかりやすかったです(看護学校/1年間実施)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「授業・実習評価ができる!わかる!
 ルーブリック作成・活用で学ぶ学習評価の見直し」

 

関連セミナー
発達障害・パーソナリティ障害が疑われる
グレーゾーンなスタッフ・学生への
適切な対応と支援アプローチ
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671