ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17065-3
  インストラクショナルデザイン 入門編
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3時間
好評再配信2回目

 ワークショップに自信がもてる
 裏付けのある研修・授業で"自分で学べる人"を育てる

指導講師

 
 鈴木克明
 熊本大学 教授システム学研究センター/教授

 千葉県市川市生まれ。国際基督教大学卒。同大学院を経て米国フロリダ州立大学大学院教育学研究科修了、Ph.D(教授システム学)。主著に『学習設計マニュアル―「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン』(共著)、『研修設計マニュアル―人材育成のためのインストラクショナルデザイン』『教材設計マニュアル―独学を支援するために』『インストラクショナルデザインの道具箱101』(いずれも北大路書房)、『教育工学選書U 職業人教育と教育工学』(ミネルヴァ書房)などがある。日本教育工学会理事 第8代会長、日本医療教授システム学会理事などを務める。

経験や勘に頼った教え方ではなく、
目的達成のための教え方が分かる

プログラム
1.インストラクショナルデザイン(ID)は
  教育のお悩みを解決する道具です

 施設での学びをもっと魅力的に応用するには
 もっと学んでみたい、みんなに広めたい

2.インストラクショナルデザイン(ID)の視点で
  研修・授業の事例を点検してみよう

 点検シート(病院用・学校用)どちらかを使って
  ・誰に何をどう教えているのか?
  ・学習者のGOALはなにか? ・IDとはなにか?

3.事例学習 
  効果的で魅力的な研修・授業にする道具活用法

 ARCSモデル
  やる気を引き出し指示待ち人間を減らす道具の使い方
 9教授事象
  学ぶ人の支援に必要なステップを確認する道具の使い方
 評価の4段階モデル
  上手にできているかどうかを評価する道具の使い方
 ID第一原理
  お勉強に終わらせずに仕事につなげるための道具の使い方

4.まとめ〜今日の学びを活かす行動計画を立てよう


ねらい
 インストラクショナルデザインは直訳すると教育設計になります。その名の通り、教育をどのように準備し実施すれば、効果的で効率的で魅力的になるかを研究する学問です。看護基礎教育から職場での教育研修システムまで、これを知ると日頃の教育の悩みが解消し、役に立つということが知られるようになりました。
 本セミナーでは、教育に携わる看護師と看護教員を対象に、インストラクショナルデザインを基礎から学び、事例学習を通して明日からの実践に役立てます。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年11月24日(木)
講義時間 約3時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年1月19日(木)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
教育学を学んだことの無い私でも、理論をベースとして、
 取るべき行動が具体的に分かった。
現在の研修方法のどこを見直す必要があるかをつかめた。
IDとは何かが理解できたのと、
 継続的に何を勉強していけばいいのか理解できたため。
今までIDについて聞いた中で、最もわかりやすかった。
IDの考え方、道具を知ることができ、実際の研修をイメージできたため。
研修計画を考える上でのアイデアをもらえた。
理論という難しい言葉を使わず、
 分かりやすく説明していただいたので理解がしやすかった。
 録画オンラインだったため、分からないところは理解できるまで
 何度も巻き戻しをすることができた。
IDの様々な道具についての説明が具体的で分かりやすかった。
 また、1つの項目ごとに個人ワークがあり、自分の授業を振り返りながら
 進めることができ、さらに今後の授業設計のイメージ化までできた。
より具体的な改善点が見いだせた。あれもこれも改善、ではなく、
 ここは変えていくほうがよい、この評価は間違っていないし妥当だと、
 これまでやってきたことが意味のあったことだと感じることもできた。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「インストラクショナルデザインの考え方と実践方法【入門編】」

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671