ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17071-1
   


居宅介護支援の業務効率化と働き方改革
withコロナ社会に適応して
生き残り、進化する!

「ノー残業」を実現!
居宅介護支援事業所
における
業務効率化と働き方改革


 指導講師

  前田麗子
株式会社わがんせ
代表取締役
あすなろケアプラン 管理者
主任介護支援専門員
ケアマネジャーを紡ぐ会
副会長
岡崎市議会議員


 2016年7月居宅介護支援事業所「あすなろケアプラン」を開業。ケアマネジャー業務の傍ら、自らの独立のノウハウ、事業所運営ノウハウをもとに、2018年より「ケアマネジャーを紡ぐ会」などでケアマネジャーに向けて講師活動を開始。2020年10月より岡崎市議会議員。「あすなろケアプランブログ」(https://ameblo.jp/asunaro-waganse/)を毎日更新中。

ケアマネジャーの
仕事を属人化さない仕組みを
つくるポイントが、
実践例でよくわかる


実践例
単独型居宅介護支援事業所として採算が取れ信頼される経営環境づくり
ノー残業に向けたシステムを稼働させるための事業所内ルールづくり
新型コロナ禍に対応したハイブリッド型の働き方ができる体制づくり
ケアマネジャーの仕事に誇りとやりがいを持ち続けられる職場づくり

 プログラム

1.単独型居宅介護支援事業所の
  運営を成功させるポイント

 1)単独型居宅介護支援事業所の
   メリットと採算ベース
 2)「一人ケアマネ」
   「複数ケアマネ在籍」
   運営ノウハウの違い
 3)事業所の経営は「想い」と
   「経済」の両輪が必要

2.ケアマネジメントの質を
  向上させる業務効率化のコツ

 1)「ノー残業」に向けて
   何を捨てて何を残すのか?
 2)「時間」と「場所」に
   縛られない働き方の仕組み
 3)なぜ「社内ケアプランチェック」を
   行っているのか?
 4)なぜ私たちは
   「非常時(環境の変化)」に
   対応できたのか?

3.ケアマネとして誇りを持って
  働き続けるための環境づくり

 1)あなたの職場は「職」はあっても
   「場」があるか?
 2)自分の身と心を守る
   「ハラスメント」防止対策
 3)ケアマネジャー同士
   「つながる」ことの大切さ



何を根拠に、何を捨て、
何を残すのか


 ねらい
  「コネなし」「カネなし」「実績なし」からスタートした単独型居宅介護支援事業所の管理者が、徹底した業務の効率化で残業をしない、させない職場づくり(働き改革)を実現し、ケアマネジメントの質向上に導いた実践例を紹介しながら、ポイントを指南します。

配信期間
2021年9月24日(金)10:00 〜
10月8日(金)20:00
講義時間
約3時間
受講料
一般10,000円 会員7,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年9月16日(木)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.