ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17088-2
 


主任・副師長として求められる役割
現場でよく直面する事例や
講師の実体験を基に指導!
主任・副師長として
求められる役割と
感性の力・判断力・行動力
管理・教育・運営を行動レベルで
学ぶ

 指導講師

  池庄司和子
府中市民病院
看護部プロジェクト
マネージャー


 初めて看護部長として就任した総合せき損センターでは、全国34の労働者 健康福祉機構施設の中で、顧客満足度2年連続1位(2003〜04年度)に選ばれる。2010年からは横浜労災病院の看護部長として、患者満足・職務満足向上 のために病院を変革。現在は広島県府中市で地域医療に貢献しながら、「組織づくり」「人づくり」の達人として次世代の看護管理者の育成を行っている。

上司と部下の板挟みにならない対処法!
成功例や失敗例が満載!
明日からの業務に即活用できる
主任・副師長として求められている役割を再認識できる
何を根拠に行動すべきか、
明日からスタッフと
どう向き合うべきかが明確になる

 プログラム

1.主任・副師長の役割と課題 
 今日の医療・看護を取り巻く状況で
  主任・副師長は何をすべきか
 主任・副師長に求められる
  役割認識と行動規範
 中間管理職としての報告・連絡・
  相談の内容とタイミング

2.主任・副師長としての
  判断と行動の基準

 ●スタッフへのかかわり
 ●上司へのかかわり
 ●医師や他部門とのかかわり
 ●患者やその家族とのかかわり
 ●主任・副師長が陥りやすい状況

3.事例から学ぶ
  「主任・副師長としての
  判断と行動の仕方」

 ●スタッフが師長に反発している
 ●スタッフが自分に反発している
 ●新人教育がうまくいかない、
  プリセプターが孤立している
 ●主任昇格と同時に部署替えとなり、
  現場の状況がつかめない
 ●チーム医療という前提が
  うまく機能していない
 ●現場で行われていることで
  倫理的問題を感じた

4.スタッフへの
  教育的かかわり方

 ●新人スタッフに対して
 ●プリセプター(若手看護師)に対して
 ●年長の中堅スタッフに対して
 ●頭を悩ませる目標管理に
  コーチングスキルを導入

5.キャリアプランを立てる、
  実現する

 ●自らのキャリアプランを立てる
 ●スタッフのキャリアプランにかかわる
 ●組織の中でキャリアプランを
  実現するために

6.これから主任・副師長として
  何をすべきか
  (まとめとして)

 ●変わりつつある制度
 ●変えるべき習慣
 ●変わらない役割



視聴期間
約2週間
講義時間
約3時間
受講料
一般12,000円 会員9,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年12月23日(木)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。
その他

募集終了


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.