ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17097-4
  【アドバンス編】ICU・CCU看護
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3.5時間

 例えが上手で腑に落ちる解説の大人気講師
 集めた情報を分析・判断し、行うべきケアがわかる!


指導講師

 
尾野敏明
東海大学医学部付属病院
看護師キャリア支援センター
集中ケア認定看護師教育課程 主任教員

 1986年神奈川県立こども医療センター、1989年に大分医科大学医学部附属病院ICU勤務。2001年に重症集中ケア認定看護師を取得し、2003年日本看護協会看護研修学校重症集中ケア学科専任教員となる。2005年から大分大学医学部附属病院に戻り、ICU副看護師長、2009年から杏林大学医学部付属病院集中ケア認定看護師教育課程で主任教員を務める。2020年4月より現職。

簡単な「計算式」を使って
アセスメントが「見える化」!

プログラム

1.ガス交換と酸素化の指標
 ●肺胞でのガス交換 ●呼吸商
 ●酸素化の指標   ●酸素化指数

2.人工呼吸中の酸素化アセスメント
 ケース@ ARDSで人工呼吸管理中の患者
 ●酸素化をどうアセスメントする?
 ●X線写真で見てみると…
 ●酸素化・換気を決定する因子
 ●P/Fで酸素化を見てみると
 ●平均気道内圧を見てみると
 ●酸素化指数(OI)を見てみると

3.呼吸療法の理解に必要な基礎知識
 ケースA 人工呼吸器の加温加湿器の温度設定
 ●温度と加湿の関係は?湿度どれ位?
 ●絶対湿度と相対湿度
 ●温度と飽和水蒸気の水分量
 ケースB 人工呼吸器のモニタリング
 ●呼吸器のモニタリングから何がわかる?
 ●プラトー圧は何?
 ●呼吸器系コンポライアンス
 ●人工呼吸器管理中の非同調人工呼吸器グラフィック
 ●人工呼吸器離脱プロトコル

4.酸素需給バランス-酸素含量と酸素供給量
 ケースC 開心術を無輸血で受けたACS患者
 ●術後心拍出量増加をどう捉えるか?
 ●血液における酸素運搬
 ●酸素需給バランスの規定因子

5.血液製剤によるヘモグロビンの増加量
 ケースD 輸血を受けた患者
 ●赤血球液バック内のヘモグロビン量は?

6.輸液療法の基礎知識
 ケースE 輸液療法
 ●体液組成、体液と浸透圧
 ●体液の関係性は?
 ●輸液の種類
 ●術後の水分移動


初級編から一歩踏み込んだ学習!

ねらい
 アセスメント力不足に悩むICU・CCU・HCUなどのナースを対象にしたセミナーです。「膨大な情報やデータをどのように分析し、どう判断すればよいのかわからない」「今の患者さんの状態が改善しているのか悪化しているのか今後取るべきケアが見えない」など、そんなアセスメントに悩む経験したことありませんか?本セミナーでは、明日から使える簡単な計算式などを身に付けて、アセスメントの中にそれを取り入れることで「アセスメントの見える化」する技術を伝授します。実際に臨床で遭遇する具体的な事例をベースに指導しますので、あなたのアセスメントが驚くほど説得力のあるものに生まれ変わり、明日からの後輩指導に自信が持てます。「初級編ICU・CCU看護セミナー」受講生のステップアップにも最適です。
視聴期間 約2週間
開講日 2022年7月20日(水)
講義時間 約3.5時間
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年9月14日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
受講者の声
講師の説明が分かりやすかった。
具体的に症例を交えながら話され、とても聞きやすくて、理解しやすかった。
講師の説明が大変分かりやすく、スピードもちょうど良かった。
計算式や、大切なメカにズムを学習できた。
初級編からの知識を深めることができた。
苦手な分野が網羅されていた。
今まで理解に苦しんだ点が解消され、今後臨床で生かせる内容であった。
内容を1つ1つかみ砕いて説明しているため、なぜそれを覚えないといけないのか
 関連付けて教えてくれるので、分かりやすく覚え方も身についた。
色々な検査データからのアセスメントの仕方や、輸血の必要量や、
 輸液の仕方など役立つと思った。
講義内容すべてが日常の業務に役立ちそうだと思った。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「ICU・CCU看護に自信がつく!アセスメント力の鍛え方」

 

関連セミナー情報
【対面セミナー】
【初級編】ICU・CCU看護これができれば合格点!
詳しい内容はこちら
【オンラインセミナー】
【初級編】ICU・CCU看護 これができれば合格点!
詳しい内容はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671