ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17099-3
  最新「生体侵襲理論」
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約5時間

 事例を踏まえて明解にポイント指導!
 急性期に起こっている患者の生体反応の意味を知りケアに活かす!

指導講師

 
 道又元裕
 Critical Care Research Institute
 代表

 1987年東京女子医科大学病院中央集中治療部看護師(主任看護師)を経て、2000年4月より日本看護協会看護研修学校重症集中ケア専任教員、2006年4月より同校長、2008年より杏林大学医学部付属病院看護部長、国際医療福祉大学成田病院看護部長を経て2021年4月より現職。クリティカルケア教育の第一人者として集中ケアの認定看護師を数多く育てあげ、その教え方には定評がある。

ケアを今する、しないを見極められる!

プログラム

T.過大侵襲による生体反応
 侵襲と神経・内分泌・免疫応答・凝固線溶系反応
 侵襲と糖代謝
 免疫応答反応
 免疫の強力サポーター補体
 小括

U.炎症反応
 侵襲とサイトカイン
 炎症と好中球の活性
 セカンドアタックセオリー
 自律神経と免疫バランス
 小括

V.クリティカルな患者と免疫
 発熱と痛み
 虚血再灌流傷害
 体液変動と輸液
 侵襲と栄養

まとめ. 看護ケアの視点


ICU・CCUナースに必要な部分だけに絞って学ぶ。
ねらい
 クリティカルケア領域では必要な侵襲学、必要だけど難しい輸液管理。せっかく学んだのに、臨床にどう活かせばいいのかわからない。そんな思いをしている人が多いと思います。侵襲学・輸液管理、そして栄養管理を、臨床に活かせる、臨床で必要な部分だけにポイントを絞って解説します。まとめでは事例を踏まえて考えていきます。
視聴期間 約2週間
開講日 2022年5月14日(土)
講義時間 約5時間
受講料 一般15,000円 会員12,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年7月9日(土)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


受講者の声
初学から学びを深めるに至り、大変解りやすかった。
なかなか外から見えない体の中の反応を、何が起こっているか、
 わかりやすく説明されていて、理解しやすかった。
 難しい内容なので、何度も巻き戻したり、一時停止して調べながら受講したので、
 オンラインセミナーの利点だと思った。すごく時間がかかったけど楽しかった。
免疫応答反応についてわかりやすかった。
反応の一つ一つが詳しく説明されていたので、今まで使っていた薬が、
 どこに作用していたのか、サイトカインやホルモンや免疫細胞が、
 どう作用しているのかがわかりやすかった。 
 どの時期に何が起こっているのか、何を起こしてはダメかがわかりやすかった。
 血管透過性が起こる仕組みもわかりやすかった。
道又元裕先生のセミナーを聞ける機会がなかったため。
内容が自分の勉強不足で難しい。自分で繰り返し掘り下げて学習が必要である。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


アセスメントを深く実践するための最新「生体侵襲理論」

 

関連商品のご案内

改訂増強版
ICU3年目
ナースのノート


道又元裕
露木菜緒 ほか

詳しい内容はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671