ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17103-2
  循環器領域で頼られる考え方・動き方
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3時間

 場面別に解説! 即実践に活かせる!

指導講師

 
中嶋武広
 医療法人澄心会 豊橋ハートセンター
 副看護部長/急性・重症患者看護専門看護師

 岐阜市立看護専門学校を卒業後、岐阜ハートセンターに入職。2015年急性・重症患者看護専門看護師の資格を取得。集中治療室主任看護師、病棟師長、集中治療室看護師長を経て、2021年4月より現職。循環器看護のスペシャリストとして、特定行為研修の講師や院内外での講演、学会発表なども多い。
【講師からのメッセージ】
 患者様の命と生活をまもり、医師や後輩看護師、患者様にも頼られるナースを目指し、一緒に成長していきましょう。WEBでお待ちしています!

患者が抱える強い苦痛や不安に寄り添うケアや
意外と見落としがちなポイントを、経過別に学ぶ!

プログラム

循環器看護師の役割をしっかり押さえる

場面@ 日常生活からの急変
→強い胸痛や冷汗などの症状が出現
 ●『患者』は、はじめから患者ではない
 ●患者の訴えや検査から、疾患や重症度を予測する ほか

場面A カテーテル室での治療
→緊急でカテーテル治療を受けることになり、
 患者は家族と共に説明を受ける

 ●患者、家族のニードを把握し、意思決定を支える
 ●看護師はチーム員として何をすべきか? ほか

場面B 集中治療室・一般病棟での入院
→カテーテル後集中治療室へ、一般病棟へ転棟した

 ●医師と協働し看護介入で回復に導く
 ●集中治療室に入室する患者の心にどう寄り添うか
 ●一般病棟でこそ、急変したら…に備える ほか

場面C退院・自宅での生活
→術後2週間で自宅へ退院したが、増悪を繰り返す
 ●退院前に看護師がすべきこと
 ●ACPに向けた看護師としてのアプローチ ほか

ねらい
 循環器疾患は命に直結する疾患が多く、患者も強い苦痛や不安を感じています。そのような患者を看護する上で、必要な考え方や動き方をトータルで理解します。発症から検査、入院後のケア、退院後のサポートまで患者が辿る経過に沿って場面別に、必ず考えるべき点や、意外と見落としがちな点など新人や異動者は自信を持って動けるように、また指導者にも指導時に伝えるべき知識として解説します。
視聴期間 約2週間
開講日 2021年10月11日(月)
講義時間 約3時間
受講料 一般11,000円 会員8,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2021年11月15日(月)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
 代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
 ご入金確認後のご視聴になります。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「【初級】循環器領域で頼られるナースになる考え方・動き方・心構え」

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671