ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17107-1
 


はじめての心臓血管外科
ホップ→ステップ→ジャンプの
3段階構成で学びを深める!
はじめての心臓血管外科
〈術式・疾患別〉
術後急性期管理の最重要ポイント

 指導講師

  小泉雅子
東京女子医科大学大学院
看護学研究科
クリティカルケア看護学
准教授
急性・重症患者看護専門
看護師


 東京女子医科大学看護短期大学卒業後、同大学病院に入職。心臓血管外科病棟・心臓カテーテル室・循環器内科・外科外来、心臓血管外科周術期の集中治療室勤務を経て、2006年同大学看護学研究科博士前期課程修了。2008年急性・重症患者看護専門看護師取得し、組織横断的に活動。2016年より現職。




代表的な術式別に
術後管理のポイントを理解!

 プログラム

ホップ 
 心臓血管外科で問われる
 知識のアウトライン

 1)手術の最新動向が知りたい!
   術式や疾患って
   どんなものがあるの?
 2)押さえておきたい心臓手術の流れ
 3)人工心肺-手術侵襲-術中情報-
   ICU入室後情報
 4)起こり得る合併症って?

ステップ
 術前・術後管理のここが大事!

 1)冠動脈バイパス手術(CABG)
   〜冠状動脈病変、バイパス部位、
    周術期心筋梗塞(PMI)
 2)大動脈弁狭窄症(AS)・
   大動脈弁閉鎖不全症(AR)手術
   〜左室肥大、狭心痛、失神発作、
    低心拍出量症候群(LOS)
 3)僧帽弁狭窄症(MS)・
   僧帽弁閉鎖不全症(MR)手術
   〜左室肥大、肺うっ血、
    肺高血圧症(PIH)、
     心房細動(af)
 4)大動脈疾患手術
   〜瘤のサイズ・部位、灌流障害、
    呼吸不全、対麻痺

ジャンプ
 急変“一歩手前”で防ぐ観察力
 〜事例でおさらい 
  気づきのポイントはここだ!



急変を一歩手前で防ぐ
観察力を身につける!

 ねらい
 心臓血管外科の術後管理においては、さまざまな情報を的確に把握し、迅速に対応していくことが求められます。本セミナーでは、現場で要求されるポイントを整理し、ホップ(基礎知識)→ステップ(術式別の術後管理)→ジャンプ(急変を防ぐ観察)の3段階構成でわかりやすく解説します。心臓血管外科の急性期看護に携わる新人・異動者の方はもちろん、指導者の方の知識整理にもおすすめのセミナーです。

視聴期間
約2週間
講義時間
約4時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年9月29日(水)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.