ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17122-1
  ペリネイタルロスとグリーフケア
【講義録画+生放送(事例検討)】
オンラインセミナー
(自宅などから受講!)

 臨床エピソードで学ぶ!
 心理的負担を軽減!「患者の声」に基づく実践アドバイス

指導講師
 

石井慶子氏 

聖路加国際大学 大学院
看護研究科 客員研究員
公認心理師/生殖心理カウンセラー
社会福祉士/精神保健福祉士

 ART岡本ウーマンズクリニック心理カウンセラー、天使の保護者ルカの会スタッフ、グリーフカウンセリング相談員、周産期喪失と生殖心理の研究、分かち合いの実践活動に取り粗んでいる。

 

堀内成子氏 

聖路加国際大学
ウイメンズヘルス・助産学 教授
助産師/看護学博士/保健学修士

  天使の保護者ルカの会グリーフカウンセリング(スタッフ)、天使キットの開発、看護師の共感疲労の研究に携わる。


〈講師からのメッセージ〉
 看護師や助産師とともに、グリーフケアを病院や地域で20年近く実践してきた経験から、受講生にアドバイスします。患者の声なき声を聴き、看護師・助産師の苦悩に寄り添うセミナーを願っています。

死産による患者心理と具体的ケアニーズを実感

プログラム

講義録画

1.何が患者に起こっているのか
  〜死産・人工死産の患者に起きていること〜

2.望ましいケアと残念なケア

3.死産のガイドライン

4.看護職が疲弊しないために覚えておいてほしいこと

5.Q&A〜よくある質問とその答え〜
 ※講義の視聴後、感想や質問などをご提出いただきます。


生放送(事例検討)

 ※事前講義をご視聴の上、ご参加ください。
 ※講師とのやり取りでチャット機能を使用します。

1.事前講義の振り返り
 ※事前に提出いただいた感想をまとめながら、
  質問にお答えします。

2.事例検討
 @死産した母親への対応
 A人工死産〜「患者の語り」から学ぶ死産のグリーフケア
 B児を亡くした母親の1カ月健診時の対応

3.質疑応答・実践アドバイス


エビデンスに基づいた最新ケアガイドラインの提供

ねらい
患者の体験する周産期のグリーフ体験(感情)に近づき、理解する
「グリーフに関わること」の難しさ、その時の苦痛感や苦手感を
 確認し、共有する。
ケアガイドラインなどの理解を深める。
グリーフ・ケアに望む際の心理的負担の軽減のためのヒントを得る。
※本セミナーは、アドバンス助産師更新申請要件の研修
 (2022[選択研修]/4.5時間)として活用できます。
※全てのプログラムを終了後、「受講アンケート」をご提出いただいた方に
 「受講修了証明書」を発行します。
※更新要件の詳細については、日本産師評価機構のホームページをご参照ください。

配信期間 【講義録画】
 2021年9月30日(木)10:00
〜10月14日(木)20:00
【生放送】
 2021年10月23日(土)13:00
〜 16:00
講義時間 【講義録画】約100分  【生放送】約180分
申込締切 2021年9月23日(木)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
受講料 一般19,000円 会員16,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
送付資料 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード) 事前郵送
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
 代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
 ご入金確認後のご視聴になります。

受講者の声
患者の体験する周産期・対面でないためどうかなと思ったが、
 逆に自由に意見交換ができよかった。
オンラインでの研修だったので、参加しやすくて助かりました。ライブ配信もあり、
 講師の先生方とお話できたり他の参加者の方の意見が聞けたのも大変有意義でした。
今回の貴重なセミナーに参加できて大変幸運でした。
 悲しみの中にあるご両親に温かいケアを提供できるよう、必ず活かしていきます。
事前講義で基礎を学ぶことができ、今日の生放送でより深く学ぶことが出来ました。
コミュニケーションで悩むことが多かったですが、
 事例を見ることですごく勉強になりました。真似してみたいと思います。
 またオンライン研修があったため他の方の意見や実際にどうされているのか、
 様々な病院のやり方を知ることができてとてもよかったです。
ラダー更新のために受けたのですが、受けて元気もでましたしとても勉強になりました。
堀内先生・石井先生の長年にわたる実践から厳選された講義内容で、
 大変勉強になりました。ありがとうございました。
事例をみて、自分のケアを振り返ることもでき、とても勉強になりました。
 また他施設での取り組みについても知ることができ、当院のグリーフケアにも
 取り入れたいと感じました。貴重な時間となりました。
事前の講義だけでなく、当日の事例検討会で感じたことや学びを
 その場で伝え合えるのがとてもよかった。発言ではなく、チャットを使用することも
 発言することのハードルが低く、自分には合っていたように思う。
 この講義で学んだことは、自らの事例の振り返りを行う良い機会となった。
 今後は死産の事例を経験する際に、以前のようなマイナスな気持ちではなく、
 違った気持ちで関わっていけるようになりたいと思う。
他の施設のことなども聞けてよかったです。講師の方々のグリーフケアへの熱意を感じ
 とても刺激を受けました。勉強になることばかりで楽しい研修でした。
事例動画が、悪い関わりの例も極端ではなく、よく陥りがちな場面や対応の場面であり、
 自分だったらどうするか、をすごく考えたし他の参加者のかたの意見からも学びが
 ありました。講義も含め、大変勉強になりました。本当にありがとうございました。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「"ペリネイタルロス"における患者心理と適切な"グリーフケア"」

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671