ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17127-1
   


基礎から紐解くショックの原理と対応
なぜ起きる? もう怖くない!
基礎から紐解く
ショックの原理と
適切な対応
早期認知、病態把握、
適切な治療・ケアにつなげる

 指導講師

  宇野翔吾
株式会社日立製作所
日立総合病院

救命救急センター
救急看護認定看護師


 2010年株式会社日立製作所日立総合病院入職。内科病棟を経て、2012年救命救急センターへ配属。2017年救急看護認定看護師として活動開始。RRS、ドクターカーナースに関連する研究に従事する傍ら、日本救急医学会関東地方会施設代表者などを務める。また、急変対応・災害・プレホスピタルケアなどの多数の講師としても積極的に活動している。

要所を押さえた根拠のある説明で
納得できる!

 プログラム

1.これってショックなの!?
  的確なアセスメントと
  初期対応 

  〜ショックのメカニズムを
   理解し、
   ショック回避につなげよう
 1)侵襲とショックの関係性とは?
 2)ショックの徴候とは?
 3)ショックの患者に遭遇したら
   どうする?
   〜ショックの初期対応が肝となる

2.【事例で深める】
  さまざまなショックへの
  根拠を踏まえた対応

  〜原因、発症メカニズム、
   回避のポイント、治療・ケア
 1)循環血液量減少性ショック
  @"血圧低下"はショックの
   早期認知にはならない!
  A苦手克服!
   循環動態アセスメントから考える
   代償機能とその回避策
  B看護の力でショックを回避しよう!
   〜死の3徴候から患者を守るには?
 2)心原性ショック
  @頚静脈怒張を探して、
   心原性ショックに強くなろう!
  Aショック輸液に要注意!
   細胞外液とブドウ糖液の使い分け
  B看護の力でショックを回避しよう!
   〜環境整備と準備が重要!
    これで患者を守れるかも!?
 3)心外閉塞・拘束性ショック
  @なぞのSpO2低下は
   閉塞性ショックのサイン!
  Aなぜ? デキるナースは、
   太い径の針でライン確保する!
  B看護の力でショックを回避しよう!
   〜日頃のフィジカルアセスメントと
    看護ケアで患者を守れるかも!?
 4)血液分布異常性ショック
  @発熱ありで血培採取は、
   デキるナースの基本!?
  Aコールドショックに要注意!
   病棟急変で陥りやすい盲点
  B看護の力でショックを回避しよう!
   〜敗血症性ショックから患者を守る

3.まとめ〜講師からのメッセージ



 ねらい
 「ショックがなぜ起きるのか」を基本として、ショックが起こる仕組みやショックの徴候に素早く気づくためのスキルを学習します。また、早期対応ができるようにするための基礎対応力と適切なフィジカルアセスメント、ショックの進行を押さえ、回避していくための知識や方法を丁寧に解説します。さらに、事例を通して、原因から治療・ケアについて根拠を踏まえて解説します。

配信期間
2021年10月18日(月)10:00 〜
11月1日(月)20:00
講義時間
約5時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年10月14日(木)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。

募集終了


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.