ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17129-3
 


胸部X線の基本とシンプルな読み方
すぐ試したくなる!
教えたくなる!
胸部X線の基本と
疾患・病態が結びつく
シンプルな読み方
何に気づき、
注意してケアすべきかを学ぶ

 指導講師

  長尾大志
島根大学医学部附属病院
准教授
病院医学教育センター
センター長
呼吸器・化学療法内科


 1人でも多くの若い医師に呼吸器内科のおもしろさ,やりがいを伝え,呼吸器内科を志す医師を増やすこと,コメディカルに正しい知識を持ってもらうことを目標に日々奮闘している。滋賀医科大学ベストティーチャー臨床部門第1位に選ばれるなど,指導力・講義力に定評がある。主な著書に「やさしいイイ呼吸器教室」(日本医事新報社)などシリーズ書籍も好評の人気講師。

〈略歴〉京都大学卒業後,京都大学胸部疾患研究所入局。住友病院,京都大学大学院博士課程(研究テーマ:IPF/UIPの画像組織学的検討),京都大学医学部附属病院,KKR京阪奈病院(研究テーマ:抗酸菌症患者の画像的検討),ブリティッシュコロンビア大学(研究テーマ:COPDの画像組織学的検討)を経て,2005年滋賀医科大学呼吸循環器内科医員となる。その後,同助手,同助教,同講師,同教育医長(兼任)を経て2020年6月から現職。
 

「線が動く」「位置の異常」
「線が消える」など
異常の見分け方を具体例で明快に!

 プログラム

1.これだけわかれば大丈夫!
  胸部X線画像を読むための
  基本作法

 白と黒と線の意味
 この順番で読めばシンプルに!
  読影の基本作法
 ●異常に気付くシルエットサイン
 比較をすると見えないものが
  見えてくる

2.特徴別に考えると
  
わかりやすい!
  画像と疾患・病態を
  スッキリ結びつけるための
  作法

  ※画像から病変や異常のある部分が
   わかるようになる
@人工呼吸管理中に注意すべき画像
 緊張性気胸、気道閉塞・無気肺、
  縦郭気腫
 チューブ類の位置
 肺血栓塞栓症
A黒い部分がある疾患
 COPD、肺嚢胞 ほか
Bべったりと白い部分がある
 誤嚥性肺炎と細菌性肺炎、胸水など
C「カタマリ状の陰影」や
 「すりガラス影」がある
 肺がん、肺結核、間質性肺炎、
  心不全、ARDS ほか



よくある疾患・病態で
異常陰影ができるメカニズムと
見分け方がわかる

苦手意識をなくそう!
臨床ですぐに役立つシンプルな
見方と見る順番


 ねらい
 胸部X線画像に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし画像から色々な情報が読み取れると、とっさに対応できたり、患者の病態をより深く理解することができたりとメリットがたくさんあります。  読影の基本から、現場で遭遇する危険かつ見落としがちな部分を解説し、看護師として画像からどのようなことに気づき判断するべきかを学びます。また視診や聴診、その他の徴候も含めて、どのような点に注意してケアを進めていくべきかについてわかりやすく解説します。

視聴期間
約2週間
講義時間
約3時間
受講料
一般11,000円 会員8,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年6月27日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.