ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17130-2
 


ゼロからわかる血液ガスと呼吸管理
つまずきやすいポイントを丁寧に !
ゼロからわかる
“血液ガスと呼吸管理”
即実践に! 呼吸管理が血ガスに及ぼす
影響を知ってケアにつなげよう

 指導講師

  長尾大志
島根大学医学部附属病院
准教授
病院医学教育センター
センター長
呼吸器・化学療法内科


 1人でも多くの若い医師に呼吸器内科のおもしろさ、やりがいを伝え、呼吸器内科を志す医師を増やすこと、コメディカルに正しい知識を持ってもらうことを目標に日々奮闘している。滋賀医科大学ベストティーチャー臨床部門第1位に選ばれるなど、指導力・講義力に定評がある。主な著書に『やさしいイイ呼吸器教室』(日本医事新報社)などシリーズ書籍も好評の人気講師。
〈略歴〉京都大学卒業後、京都大学胸部疾患研究所入局。住友病院、京都大学大学院博士課程(研究テーマ:IPF/UIPの画像組織学的検討)、京都大学医学部附属病院、KKR京阪奈病院(研究テーマ:抗酸菌症患者の画像的検討)、ブリティッシュコロンビア大学(研究テーマ:COPDの画像組織学的検討)を経て、2005年滋賀医科大学呼吸循環器内科医員となる。その後、同助手、同助教、同講師、同教育医長(兼任)を経て2020年6月から現職。


血ガスを混乱させるワードも
とにかくシンプルに理解できる!


 プログラム

1.血液ガスデータの
  コレだけを押さえて
  スムーズに理解する

 ●そもそも何を見ているのか
 ●混乱を招くワード
  (PaO2、P/F比、FiO2など)を
  しっかり整理する
 ●アシドーシス? アルカローシス?
 ●呼吸性? 代謝性?
 ●代償によって何が起きるのか
 ●アニオンギャップをどう考える

2.呼吸管理の
  血液ガスデータへの影響と
  ケアへの生かし方

 ●呼吸のメカニズムと
  人工呼吸のメカニズム
 ●酸素化と換気
 ●低酸素血症になる状況とは
 ●呼吸管理が血ガスに及ぼす影響
  ※人工呼吸器の設定による影響 ほか

3.実践に生かす!
  血液ガスデータの読み方と
  ケアへのつなげ方

 ※事例を使って試しに考えてみよう
 ●呼吸不全のアセスメントと
  今後のプラン
 ●血ガスデータを踏まえた
  設定変更と観察
 ●低換気アラームから考えること ほか



このデータから何がわかる?
血ガスの基本から
つまずきやすいポイント、
正しい使い方まで


 ねらい
 血ガスは難しい…そんな血ガスアレルギーを滋賀医科大学ベストティーチャー臨床部門第1位にも選ばれ、講義力にも定評がある講師が丁寧に解消します。
 血ガスをシンプルに理解するために大事なベースとなる知識をゼロから解説し、それをケアに生かすために呼吸と人工呼吸、酸素化と換気や具体的な呼吸管理が血ガスに及ぼす影響などを実践的にわかりやすくお伝えします。

視聴期間
約2週間
開講日
2022年2月9日(水)
講義時間
約3時間
受講料
一般11,000円 会員8,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年3月16日(水)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.