ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17163-1
  LIFE運用ポイントとアウトカム評価
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約2時間20分

 根拠ある介護の実現と経営の安定化に向けて


指導講師

 
西村栄一
株式会社ヘルプズ・アンド・カンパニー
代表取締役
介護運営支援コンサルタント

 大手介護会社の統括部長を経て2010年より現職。全国の介護事業所向け「実地指導対策」「法令遵守の基づく経営改善」「リスクマネジメント」で経営支援を国内外で行う。ISO9001主任審査員、大阪市立大学院都市経営研究科在籍。著書に「混合介護導入・運営実践事例集」(共著、日総研出版)などがある。
ゲスト講師

 
松長根幸治
北斗パートナーズ株式会社
代表取締役

 2004年介護業界デビューし介護職員からリーダー、管理者、統括責任者を経て2009年独立。2010年より主にデイサービス開業支援の介護コンサルティング業を開始。自社ではデイサービス3ヵ所、訪問介護2ヵ所、居宅介護支援事業所1ヵ所、障がい者訪問介護2ヵ所を経営している。



全サービス運営基準規定の
『LIFE』情報収集とPDCAサイクル推進!
「科学的介護」「数値化・定量化」で介護のあり方が変わる!

プログラム

1.「科学的介護」「アウトカム評価」が求められる
  背景
  数値化・定量化の意義

2.「科学的介護」が求める
  アウトカム(成果・結果)とは?
  エビデンスの蓄積と活用

3.「科学的介護」「アウトカム評価」を推進する
  新加算のインパクト
  21年度報酬改定考察

4.「LIFE」運用は2024年度介護報酬改定を見据えて
  今から動け!
  事業経営展開の影響

5.「LIFE」運用と「アウトカム評価」で
  介護の近未来はどうなる?
  現場業務への影響

6.「LIFE」の実際と現場で運用するための
  ICTの効果的活用
  創意工夫の具体例

7.「アウトカム評価」にかかわる加算への
  行政指導のポイント

  実地指導対策


データ収集のための『LIFE』運用は序章に過ぎない!
2024年度報酬改定を見据え、
生き残るために今から動くべし!

ねらい
 厚生労働省は介護のデータベース化と科学的介護およびアウトカム評価を推進するため、2021年度介護報酬改定で施設系サービスに科学的介護推進体制加算を新設し、既存の加算にも科学的介護情報システム『LIFE』活用を促すためのインセンティブ要素を含んだ新加算が多数新設されました。本セミナーでは、科学的介護の推進と先を見据えた介護現場での『LIFE』運用のポイントについて解説しながら、業務の中でいかに効果的に活用し、創意工夫した取り組みを実践すべきか具体的に指南していきます。さらに、それらの加算をめぐる今後の実地指導のポイントについても言及します。
視聴期間 約2週間
開講日 2021年10月1日(金)
講義時間 約2時間20分
受講料 一般・会員共に8,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2021年11月4日(木)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。

受講者の声
LIFE運用を通じたPDCAサイクルのイメージやフィードバックの方法について
 イメージができました。 (特別養護老人ホーム 看護師)
科学的介護のデータベース化がなぜ今必要なのか、よく理解できました。
 (介護老人保健施設 看護師)
PDCAサイクルを回し介護の質を高めていくといった一連の流れなど、
 LIFEに取り組む意味がよく分かった。(特別養護老人ホーム 施設長)
LIFEへの取り組みが加算取得のためだけではないということが分かった。
 (デイサービス 生活相談員)
LIFEに関して分からないことが多く、研修を探しているところだった。
 リハビリに関する内容も多く、ありがたかった。
 (特別養護老人ホーム リハビリ職)
根拠に基づいた介護を導入することによって質の高い標準的ケアを
 受けられるようにすることがLIFEの大きな目的だということを理解した。
 (介護老人保健施設 副施設長)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「「科学的介護情報システム(LIFE)」運用のポイントと
 「アウトカム評価」に向けた実践」

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671