ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17176-1
   


認知症高齢者の食べる喜びを支えるケア
食べる力を適切に引き出す
食事環境づくりと根拠ある観察、
アセスメントのポイント
認知症高齢者の
食べる喜びを支えるケア

 指導講師

  山田律子
北海道医療大学
看護福祉学部
地域保健看護学講座
(老年看護学部門)
教授


 1992年に東京大学大学院医学系研究科修士課程修了、2002年に北海道医療大学大学院看護福祉学研究科博士課程修了し、博士(看護学)を取得。訪問看護や高齢者医療施設での実践や研究、老年看護学教育や認知症看護認定看護師教育に携わり、2009年より現職。日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士。『認知症の人の食事支援book 食べる力を発揮できる環境づくり』(中央法規出版 2013年)など認知症の人の食事支援に関する書籍や論文多数。各種講演など普及活動にも務めている。


4大認知症で異なる
摂食・咀嚼・嚥下障害の理解、
栄養状態の評価と
食事ケアの実際を学ぶ
 プログラム

1.「食べること」と
  摂食・咀嚼・嚥下機能の
  加齢変化

 (1)人間にとっての
    「食べること」の意味
 (2)摂食・咀嚼・嚥下の
    メカニズムと加齢変化

2.認知症による
  食事への影響とケアの視点

 (1)認知症高齢者の行動を
    理解するために
 (2)食べない時の真意と
    認知症による食事への影響
 (3)認知症高齢者の食事ケアの
    視点:環境づくりの重要性

3.4大認知症と
  重症度を踏まえた
  食べる喜びを支えるケア

 (1)4大疾患で考慮すべき
    摂食・咀嚼・嚥下障害の特徴
   ●アルツハイマー型認知症、
    血管性認知症、
    レビー小体型認知症、
    前頭側頭型認知症
 (2)見直すべきケアや整えるべき環境
 (3)認知症高齢者への食事ケアの実際

4.終末期にある
  認知症高齢者への食事ケア

 (1)終末期の経過と食事
 (2)最期まで美味しく口から
    食べるために必要なケアスキル
 (3)誤嚥性肺炎の予防

5.認知症高齢者の
  栄養状態の評価

 (1)高齢者の低栄養の特徴
 (2)低栄養の評価方法



「食べない」時の
認知症高齢者の気持ちをくみ取った
適切な食事へのアプローチ方法

 ねらい
 認知症の場合、「食べようとしない」「食べ続けられない」などの食事に関する悩みも増えてきます。そんな時に食べる喜びを支え、食べる力を引き出すための環境づくりと支援の方法を解説します。
 加齢による摂食・咀嚼・嚥下機能の変化、4大認知症の摂食・咀嚼・嚥下障害の特徴とケア、終末期の食事ケア、誤嚥性肺炎の予防、栄養状態の評価など根拠ある観察・アセスメントのポイントと具体的なケアについて学びます。

視聴期間
約2週間
講義時間
約2.5時間
受講料
一般10,000円 会員7,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年12月6日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.