ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17189-2
 


オンライン授業でアクティブラーニング
学生の反応がわかる!
グループワークができる!
すぐ実践できる!
オンライン授業での
アクティブ・ラーニング
のポイント
学生の主体性を引き出す
Zoom・Teamsの活用術と
オンラインファシリテーションの
実際

 指導講師

  西村礼子
東京医療保健大学
医療保健学部 看護学科
東京医療保健大学大学院
医療保健学研究科
看護実践開発学 准教授


 名古屋大学医学部保健学科看護学専攻卒業。東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士前期・後期課程修了。看護学博士。順天堂大学医学部附属順天堂医院看護師勤務、東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科非常勤、東京医科大学医学部看護学科助教を経て、2019年より東京医療保健大学 医療保健学部看護学科(基礎看護学)/大学院医療保健学研究科 看護実践開発学(看護教育学)准教授。看護基礎教育・継続教育の「ICTを活用したハイブリッド型授業設計」の実践・執筆・研修などに取り組む。


  太田雄馬
東京医療保健大学
医療保健学部
看護学科 助教

 聖路加看護大学(現:聖路加国際大学)看護学部看護学科卒業。埼玉県立大学大学院保健医療福祉学研究科博士前期課程修了。看護学修士。筑波大学附属病院、西部総合病院にて看護師勤務、埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科非常勤を経て、2019年より東京医療保健大学 医療保健学部看護学科(基礎看護学)助教。看護基礎教育におけるICTを活用した授業設計や学習効果に関する実践・執筆などに取り組む。



 プログラム

1.看護基礎教育における
  オンライン授業の位置づけ

 1)教育手段としてのオンライン授業
 2)DX時代に求められるリテラシー
 3)オンライン授業の授業形態と方法
  ●ハイブリッド型の授業形態
  ●Web会議システム、
   Learning Management
   Systemの活用

2.オンライン授業での
  アクティブ・ラーニング

 1)オンラインで実践する
   主体的に考える力の育成
 2)本学における
   アクティブ・ラーニングの変化
  ●学生の反応の確認方法
  ●グループワークの実施方法
 3)オンライン授業で
   アクティブ・ラーニングを
   実践する際の課題

3.授業実践例から学ぶ!
  学生が主体的に取り組む
  Zoom・Teamsの活用術

 1)学生の反応がわかる機能と実践例
  ●コメント機能、スタンプ機能、
   投票機能、ホワイトボード機能
 2)グループワークができる機能と
   実践例
  ●ブレイクアウトセッション機能の
   活用
  ●主体性を引き出す
   オンラインファシリテーション
 3)こんな時はどうする?
   Zoom・Teamsで困った時の
   対処法
  ●学生側の通信障害時の
   対応・教員側の通信障害時の対応
  ●Zoomバージョンアップ
   未実施時の不具合

4.セミナーの
  まとめ・振り返り

 1)オンライン授業・対面授業での
   アクティブ・ラーニング
 2)Zoom・Teamsを
   最大限活用するために
 3)オンライン授業の限界と配慮点




 ねらい
 オンラインで授業を行うと、対面授業とは異なる教員の困難感があります。例えば「操作するツールが多くて、授業に集中しにくい」「学生の反応がわかりにくい」「グループワークの設定やファシリテーションがやりにくい」など、オンライン授業にご不安を感じたこともあるかと思いますが、ZoomやTeamsの機能を活用することで、これらの不安を軽減し授業を実践することが可能となります。
 本セミナーでは、オンライン授業でのアクティブ・ラーニングにおけるZoomやTeamsの活用術と、オンラインでのファシリテーションについて、実際の授業を踏まえながら解説します。

視聴期間
約2週間
開講日
2022年7月5日(火)
講義時間
約4.5時間
受講料
一般14,000円 会員11,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年8月30日(火)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.