ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17198-2
   


初級 産科超音波
豊富な動画・画像で学ぶことが
できる!
【初級】産科超音波
 〜基本的な操作手技・計測・
  チェック〜
助産師外来担当者も
ここまで分かればOK!

 指導講師

  正岡 博
正岡病院
理事長/超音波診部 部長
日本超音波医学会
超音波指導医


 1954年広島生まれ。1978年岡山大学医学部を卒業。広島市民病院産婦人科部長などを経て、2000年より正岡病院(産婦人科、小児科)を開業。より安全な分娩を目指して周産期の母児管理に力を注いでおり、特に産科領域では必須の診断法である超音波診断に関して、超音波診断装置が開発された当初より積極的に取り組み、異常妊娠の早期発見や胎児異常の出生前診断に努めている。最近では出生前診断が出生後の児の予後に大きく影響すると考えられる、胎児心臓奇形の出生前診断にも力を入れている。著書に『動画でわかる超音波検査の手技と基本手順』(日総研出版)『産科急変ドクターコール』(日総研出版)『産科超音波ポケットブック』(日総研出版)などがある。


超音波診断のスペシャリストが
やさしく指導!
 プログラム

1.プローブ操作と画像の表示法
 1)プローブの正しい持ち方・当て方・
   動かし方
 2)超音波断層像の正しい表示法
 3)超音波診断装置の使い方:
   見やすい画面に調節する

2.胎児推定体重の計測
 1)推定体重の算出法 
 2)児頭大横径の計測 
 3)胎児腹部周囲長の計測
 4)胎児大腿骨長の計測 
 5)推定体重の評価法

3. 胎児の健康状態のチェック
 1)胎児の健康状態のチェックについて
 2)羊水量の測定
 3)胎児呼吸様運動
 4)胎動と胎児のさまざまな行動


※アドバンス助産師2022年・2023年 更新要件「選択研修」(3時間)に該当します。
本セミナーを受講された方には
受講修了証明証を発行いたします。
(申請要件の詳細は日本助産評価機構のホームページ参照


 ねらい
 助産師・看護師でも実際に施行可能な超音波検査の基本手技、妊娠各時期におけるチェックポイント、超音波画像の判読法などやさしく解説します。また、プローブ操作につきましては、操作場面の動画や画像を見ながら学んでいただきます。産科超音波の基本を学びたい方はぜひご視聴ください。

視聴期間
約2週間
開講日
2022年6月10日(金)
講義時間
約3.5時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年8月5日(金)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.