録画配信 オンラインセミナー好評再配信:2回目

商品番号17211-3

190

最期まで“生活機能”へのアプローチを!

12の事例で学ぶ
その人らしい
「逝き(生き)方」を

サポートする看取りケア

指導講師
講師写真

小村一左美

社会福祉法人信和会 特別養護老人ホームおきなの杜

ケアコーディネーター/看護師/認知症ケア上級専門士/心理カウンセラー

 和歌山県立医科大学附属病院、広島県立広島病院看護師、看護専門学校専任教員を歴任し、特別養護老人ホームにて12年主任看護師・看介護養育長を務めた後、現在はフリーランスで社会福祉法人信和会「おきなの杜」、姫路弘寿会「ライフサポート」の2カ所の特養に勤務する傍ら、看護専門学校の講師も務めるなど、精力的に活動している。また、2019年に「潮ノンフィクション大賞」を受賞し『最良の逝き方:特別養護老人ホームで見た生死の決断』を出版。


利用者と家族から「ありがとう」と言われる…
そんな看取りケアを実践体験から学ぶ!

自分の人生に誇りを持って最期を迎えられるようなアプローチと
職員教育のポイント

 特別養護老人ホームで15年以上勤め、延べ250人以上の施設利用者を看取ってきた講師が見た、様々な家族の実状、病院側の思惑と実態、そして施設利用者の心に寄り添う「想い」を12の事例を通じて熱く語りながら、"その人らしい最良の「逝き(生き)方」のサポート"と施設内での看取りケアのあり方、職員教育のポイントを指導します。


プログラム

1.「看取り介護加算」創設から15年!

2.迷走する看取りケア!

3.入院回避の必要性

4.チームで進める看取りケア

5.どうしてますか? 本人への生前の意思確認と決定の支援

6.その人らしい「逝き(生き)方」へのアプローチ

7.その人の人生の最期に対応できる人材育成

1.「看取り介護加算」創設から15年!

 ―高齢者施設における看取りケアの現状はいかに?

2.迷走する看取りケア!

 ―“その人らしい「逝き(生き)方」”って何?

3.入院回避の必要性

 ―「家族との意向調整」と「医療との対峙」

4.チームで進める看取りケア

 ―看取り委員会の運営と職員間連携の方策

5.どうしてますか? 本人への生前の意思確認と決定の支援

 ―判断能力に支障のある利用者へのアセスメント

6.その人らしい「逝き(生き)方」へのアプローチ

 ―最期までポジティブに進める看取りケア

7.その人の人生の最期に対応できる人材育成

 ―「デスカンファレンス」を通じた職員の気づきと死生観の醸成

◎視聴期間:14日間(講義時間190分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(24頁)
※冊子をご希望の方は別途1,500円(受講者に1冊のみ販売)。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 11,000円(冊子込み12,500円)
会員 8,000円(冊子込み9,500円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:ただいま受付中 
※24年5月19日(日)終了予定

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 osaka@nissoken.com お電話の場合は、 (06)6262-3215 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら