ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17214-3
  RRSを活用した患者急変時の判断対応
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約5.5時間
好評再配信2回目

 システムの導入・スタッフへの教育方法から運用の実際まで


指導講師

 
 宇野翔吾
 株式会社日立製作所 日立総合病院
 命救急センター 救急看護認定看護師

 2010年株式会社日立製作所日立総合病院入職。内科病棟を経て、2012年救命救急センターへ配属。2017年救急看護認定看護師として活動開始。RRS、ドクターカーナースに関連する研究に従事する傍ら、日本救急医学会関東地方会施設代表者などを務める。また、急変対応・災害・プレホスピタルケアなどの多数の講師としても積極的に活動している。

根拠を踏まえてRRSを紐解くことで、
即臨床に応用できる知識と実践力を身につける

プログラム

1.Rapid Response System(RRS)を徹底解剖!
  〜エビデンスを基にRRSの基礎と
   実際の導入・教育方法から活用開始までを
   クローズアップ!

 1)Rapid Response System(RRS)とは?
 2)4つの要素から考えるRRSと院内救急戦略
   〜RRS導入は、自分の"足"が頼り!〜
 3)RRS導入にまつわるエトセトラ
  よくあるスタッフからの質問・相談内容・解決策
  患者急変対応の傾向と対策
   〜スタッフの不安、戸惑いを軽減する
    シミュレーション学習の実際〜

2.RRSに不可欠な患者急変対応の考え方とその教育
  〜これで要請側、院内迅速対応チーム側の教育を
   攻略できる!

 1)RRSと患者急変対応
   〜最新のトピックスと現状の課題を踏まえて〜
 2)RRS導入に不可欠な教育とは?
  教育は誰が行うべきか
  事前教育と周知のコツ
  RRS要請側の教育
  院内迅速対応チーム側の教育

3.症例学習 急変時に慌てない!
  RRS要請時の実際と判断・対応・看護

 1)RRS要請!〜病棟編〜
   患者の「意識レベルが低下」しています!
  @意識レベルが低下した時の対応と実際のRRS要請方法
  A意識レベル低下の原因と急変の判断
  B院内迅速対応チーム到着までの10分間にできることとは?
 2)RRS要請!〜院内迅速対応チーム編〜
   入院中の患者の「SpOが低下」しました!
  @院内迅速対応チーム到着までの10分間で
   対応するための指示とは?
  A院内迅速対応チームが到着!最初にやることは?
   いつまで対応する?
  B院内迅速対応チームが行うフィードバックとデブリーフィング

4.まとめ〜講師からのメッセージ〜


よく遭遇する症例から“急変時に慌てない”ための
判断・対応と看護のポイントがわかる

ねらい
 RRSをこれから導入する予定の施設、現在導入している施設、導入を検討している施設など、RRSに関連する疑問点や教育・運営方法にお困りのスタッフの皆さんに必見の内容です。RRSを徹底的に解剖し、基礎からエビデンスを基に丁寧に解説します。また、RRSに関連する教育やRRSにかかわる専門チームの役割についても解説します。RRSの要請側である病棟などの対応だけでなく、管理側やシステムに対応するチーム側の役割や教育、病院組織(医療安全部門)としての役割などについて考える機会をつくり、即臨床応用が可能になるよう根拠を踏まえて解説します。さらに、症例を通してどのような段階でRRSを起動すべきなのか、急変時の段階的なプロセスの理解とアセスメント技術、適切なシステム起動方法(報告)についても丁寧に解説します。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年10月23日(日)
講義時間 約5.5時間
受講料 一般14,000円 会員11,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年12月18日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
CBSとRRSの違いが分かり、RRS発足は簡単ではないこと。
 ただし、必要であることは学べた。
改めて看護師が患者の一番そばにいるため、何か患者に起こっているのか、
 「何か変」という感覚が大事であることが理解できた。
とても説明が丁寧で分かりやすかった。
 また、対応を行う具体例もあってより理解が深まって良かった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「RRSを活用した患者急変時の判断・対応・看護【事例学習】」

関連セミナー
災害看護における初期対応と
災害医療体制の充実強化
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
救急看護で必要な
フィジカルアセスメントと
救急医療体制の充実
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671