ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17223-1
   


精神科看護を生かした看護と管理
一般病棟や外来で役立つ
ケースで学ぶ!
精神科看護を応用した
精神疾患のある
スタッフ・患者の
かかわり方・サポート

事例学習 
困難ケースへの考え方、
対応がわかる!


 指導講師

  宮子あずさ
看護師・著述家・
看護学博士


 都内総合病院にてスタッフ、主任、師長を経て、現在、精神科病院のパートとして勤務する傍ら、執筆や看護協会などの研修講師としても活躍中。
 明星大学、武蔵野美術大学など通信制大学を卒業し、東京女子医科大学大学院博士後期課程修了。看護学博士。
 著書に「まとめないACP」(医学書院)、「看護師だからできること」(集英社)、「看護師という生き方」(ちくまプリマー新書)「主任・リーダーになったら読む本」、「主任看護師の役割・判断・行動」(日総研出版)、など多数。



スタッフも必須! 精神疾患の
基本理解と対応が身につく!
 プログラム

精神疾患の基礎と基本的な考え方
統合失調症:救急外来に直来した
 腹痛を訴える妄想状態の
 患者への対応
脳卒中後にうつ病になった
 高齢女性への関わり
うつ病のスタッフへの関わり方
適応障害になったスタッフへの
 関わり方
摂食障害を伴う困難ケース
強迫神経症により
 出勤出来なくなった・・・
解離性障害への対応
 〜ターゲットにされたスタッフに
  嫌がらせや暴言・・・
境界性人格障害
 〜看護師を不安にさせ、
  看護チームが分断・・・



 ねらい
 「救急外来に直来した腹痛を訴える妄想状態の患者への対応」や「うつや適応障害のスタッフへのかかわりはどうする?」、「解離性障害の患者にスタッフが嫌がらせや暴言を受け・・・」「境界性人格障害の患者が看護師を不安にさせ、看護チームが分断・・・」など、現場では対応が難しいケースがあると伺います。
 本セミナーにて、精神科疾患の基本から、臨床で必要な精神科看護、精神疾患のあるスタッフへの関わり方を身につけていただきます。

視聴期間
約2週間
講義時間
約3時間
受講料
一般12,000円 会員9,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年12月27日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。

募集終了



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.