録画配信 オンラインセミナー

商品番号17224-2

170

12/22撮影!
病院規模、地域ニーズに応じた、取るべき選択肢を提供!

令和6年度
診療報酬改定を見据えた看護部門づくり

指導講師
講師写真

上村久子

株式会社メディフローラ 代表取締役

病院経営アドバイザー/看護師/保健師

東京医科歯科大学にて看護師・保健師免許取得後、慶應義塾大学院卒業。大学院在籍中に「在りたい組織を作る研修」を開発。その後、医療系コンサルティング会社にて急性期病院を対象に診療内容を中心とした経営改善に従事しつつ、社内初の組織活性化研修の立ち上げを行う。現在は、院長先生に対するコーチングをはじめとした人・組織づくりに関するアドバイスや研修、病院経営支援として診療報酬勉強会等の経営戦略に特化した人材育成の研修・教育サービスを提供中。自らの臨床経験とデータ分析能力を活かし、大学病院からケアミックス病院まで病院規模や病院機能を問わず幅広く活動している。主な著書に『深掘り!重症度、医療・看護必要度 データ分析の活用・改善』(日総研出版)がある。


重症度、医療・看護必要度の方向性と求められる看護マネジメント

2025年地域包括ケアシステム実現前夜!

 令和6(2024)年度診療報酬改定は、介護報酬・障害福祉サービスと同時改定となり、2025年地域包括ケアシステム実現に向けた集大成となると予想されます。8月2日の中医協では、診療報酬DXにより施行が2ヶ月後ろ倒しになる案が了承され、本体の新点数の施行スケジュールがこれまでの改定とは変わります。しかし、諮問~答申~告示のスケジュールや、看護必要度の見直し等の経過措置は現行のままと変わりなく、看護部門としてもこれまで通りの準備が必要です。むしろ、経過措置が6か月間から実質4か月で対応しなければならないことを注意しなくてはなりません。特に看護必要度は、今まで項目ごとに「急性期で求められる治療なのかどうか」が論点になっていましたが、75歳以上で医療資源投入量の少ない誤嚥性肺炎や尿路感染症における救急治療の受け入れを急性期病棟で行うことの是非や、B項目そのものの在り方が問われており、抜本的なベッドコントロールの見直しが現場に求められる可能性も見えてきました。
 本セミナーでは、現時点で令和6年度改定に向けて看護部門は何を考え中長期的に成長し続ける組織づくりを行っていく必要があるのか、皆さまと一緒に考えていく時間としたいと思います。


プログラム

1.令和4年度診療報酬改定を振り返り、令和6年度改定を予測!

2.地域包括ケアシステムを見据えた病院づくり

3.看護部門が注目すべき改定内容

4.どうなる看護必要度! 令和6年度改定を徹底予測

5.改定だけではない!病院経営の視点、基本のキ!

1.令和4年度診療報酬改定を振り返り、令和6年度改定を予測!

  令和4年改定概要

  看護必要度含む看護部関連の論点整理 ほか

2.地域包括ケアシステムを見据えた病院づくり

  新しい「医介連携」の形

  改めて病院の機能分化、地域における役割を考える ほか

3.看護部門が注目すべき改定内容

  チーム医療で収入UP!

  俯瞰して捉えたいベッドコントロール

  入退院支援はどう進む?

  進化する?在宅医療

  診療報酬改定DX対応方針による病院・看護部門への影響とは ほか

4.どうなる看護必要度!令和6年度改定を徹底予測

  看護必要度の改定の行方(高度急性期から地域包括ケア病棟まで)

  看護必要度データ活用術 ほか

5.改定だけではない!病院経営の視点、基本のキ!

  次世代に求められる看護マネジメント

  イキイキ元気な組織づくりのために ほか

◎視聴期間:14日間(講義時間170分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:PDFテキスト(84頁)
※冊子をご希望の方は別途2,000円(受講者に1冊のみ販売)。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 13,000円(冊子込み15,000円)
会員 10,000円(冊子込み12,000円)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:ただいま受付中 
※24年3月19日(火)終了予定

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 sendai@nissoken.com お電話の場合は、 (022)261-7660 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら