ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17231-3
 
好評再配信2回目


脳卒中患者のADL維持・向上の看護

豊富な動画で学ぶ!

脳卒中患者の
日常生活動作(ADL)
維持・向上のための
看護実践

早期在宅復帰、自立支援に向けて、
看護師ができる
リハビリテーション

 指導講師

  澤田周志
半田市立半田病院
脳卒中リハビリテーション
看護認定看護師


 1998年岐阜医療技術短期大学卒業後、半田市立半田病院へ入職。2016年脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、2019年IHTA認定Pilates Instructor、Anatomy Stretch Trainerを取得。現在、リハビリテーション看護、脳卒中再発予防教育プログラム作成などに取り組んでいる。
【所属学会】日本脳神経看護研究学会・日本ニューロサイエンス看護学会




人体の構造もきっちり押さえて、
正しく適切な脳卒中患者への
ケアを実践する


 プログラム

1.脳卒中患者の看護に必要な
  体のメカニズムと
  ケアの根拠

 ●12対の脳神経と脳画像の
  つながりから転倒・転落などの
  リスクを予測
 ●中枢神経と末梢神経のつながりを
  看護ケアと結び付ける
 ●ADL強化の視点で骨格筋、
  骨・関節の基本を学ぶ
 ●痙縮、拘縮のメカニズムと
  予防的な看護ケア
 ●呼吸、循環、脳代謝を考慮した
  看護介入
 ●ADL強化につながる
  ケアを支える根拠

2.動画で実技をじっくり学ぶ!
  日常生活動作(ADL)
  維持・向上につながる
  4つの実践

  〜組み合わせて
   個別的なケアを実現

 ●頭から足先までの具体的なアプローチ

実践ケア1:臥位から座位(寝返り〜起き上がり)までの動作で適切なアプローチと注意点

・頭頸部の動き、腹圧コントロール、寝返り動作など

実践ケア2:座位から立位までの立ち上がり動作で適切なアプローチと注意点

・重力に対抗するための動きアプローチ

実践ケア3:日々のケアと一緒にできる!頭部、四肢の機能維持と痙縮予防

・ハンドケア、フットケア、表情筋ケアの実践

実践ケア4:頭頸部〜肩甲帯周囲の関節可動域訓練

・部位別「ストレッチ&タッチ」



患者の残存機能を活かし、
主体的動作を引き出す
頭から足先までの
アプローチでQOLを向上し、
廃用症候群を予防する

臥位〜座位〜立位までの動作を
強化するための意識すべき
実践ケアを
根拠に基づき解説

 ねらい
 脳卒中看護に必要な患者の日常生活動作動作(ADL)維持・向上につながるポイントについて学びます。脳卒中を看る上で欠かせない脳神経や骨格筋などの体の構造から、痙縮・拘縮のメカニズム、循環・呼吸・代謝の理解を深め、具体的に臥位〜座位〜立位などのなどの動作におけるケアについて動画を交えてじっくり学びます。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年10月30日(日)
講義時間
約3時間
受講料
一般11,000円 会員8,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年12月25日(日)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.