配信期間は終了しました。

※お問い合わせは sp@nissoken.com

録画配信 オンラインセミナー好評再配信:4回目

商品番号17244-5

270

基本的な循環のメカニズムから適応・禁忌、合併症の対応まで

補助循環(IABP、PCPS/ECMO)のここだけは押さえたい看護

指導講師
講師写真

谷田真一

藤田医科大学病院
中央診療部 FNP室 診療看護師

 2007年藤田保健衛生大学病院入職。心臓血管外科病棟、ICU勤務を経て、2014年藤田保健衛生大学大学院修士課程を修了。日本NP教育大学院協議会が定める診療看護師(NP)資格認定試験合格。以後、診療看護師(NP)として心臓血管外科にて手術室・ICUを中心に入院患者全般の診療に従事している。


本セミナーの特徴

ナースが「苦手としている点」や
「見落としがちな点」に着目し、
丁寧な解説で実践的にわかりやすく!

機器トラブルやアラームに素早く対応、
異常の早期発見ができるためのスキルを学ぶ

 補助循環にかかわる初心者や触れる機会が増えてきたけど自信が持てない看護師向けに、循環のメカニズムから、適応・禁忌、合併症、具体的な看護のポイントまでを学びます。新人や若手が「苦手としている点」「見落としがちな点」などに着目し、写真や図、さらに動画を多用し、根拠を踏まえてやさしく解説します。


プログラム

1.循環動態の基礎

2.IABPの基本と看護のポイント

3.PCPS/ECMOの基本と看護のポイント

1.循環動態の基礎

 1)ショックと循環管理

 2)心拍出量

2.IABPの基本と看護のポイント

 1)IABPの適応と仕組み

  IABPの効果、適応、禁忌

  IABPの構造、駆動システム、トリガー

 2)IABPの挿入・設定・離脱

  IABPの挿入(準備・物品・手順など)

  バルーン拡張と収縮タイミングの設定

  IABPの離脱(準備・物品・手順・観察項目など)

 3)IABP挿入中の管理と看護

  観察ポイント、挿入部・カテーテルの管理、機器の管理、体位変換や清拭時の看護など

  IABPの注意すべき合併症(対策と予防)

  アラームの原因と対応

3.PCPS/ECMOの基本と看護のポイント

 1)PCPS/ECMOの適応と仕組み

  PCPS/ECMOの効果、適応、禁忌

  PCPS/ECMOの構造、駆動システム、構成物品

 2)PCPS/ECMOの挿入・離脱

  PCPS/ECMOの挿入(準備・物品・手順など)

  PCPS/ECMOの離脱(準備・物品・手順・観察項目など)

 3)呼吸補助としてのECMO

  呼吸補助としてのECMOとは?

  ECMOの適応、除外基準

  ECMO管理のポイント(SaO2、Lung Rest、リハビリなど)

 4)PCPS/ECMO挿入中の管理と看護

  観察ポイント、挿入部・カテーテルの管理、機器の管理など

  PCPS/ECMOの注意すべき合併症(対策と予防)

  アラームの原因と対応

◎視聴期間:14日間(講義時間270分)
※ご希望の日から視聴を開始できます。

◎視聴方法
スマホ、パソコンで動画を視聴いただきます。
事前に視聴方法、視聴用IDをメールでご案内いたします。

◎教材:テキスト1冊(98頁)
※ご注文2営業日後に郵送いたします。

PDFファイルでのご提供はございません。

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 13,000円 会員 10,000円
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。
サービスチケットご利用について

◎お支払方法
コンビニ決済(払込票はハガキで送付 ※アプリ支払対応)
クレジットカード決済
代引き決済など上記以外をご希望の方は、
 お電話、メールで受付いたします。
  cs@nissoken.com    0120-057671

◎申込締切:配信期間延長中!
お早目にお申し込みください。

※視聴環境やお申し込み前の注意事項など受講要領はこちら ※オンラインセミナーお申込みの方に全商品で使えるポイントプレゼント!詳しくはこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 sapporo@nissoken.com お電話の場合は、 (011)272-1821 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら