ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17254-2
 
好評再配信1回目


携帯型エコー活用の褥瘡・排泄ケア
小型化・軽量化・安価、
使いやすくなったエコーを看護に !
初級
携帯型エコーを活用した
褥瘡・排泄ケアの実践

 指導講師

  浦田克美
東葛クリニック病院
看護部 主任
皮膚・排泄ケア
特定認定看護師


 東京警察病院看護専門学校卒業。日本赤十字看護大学看護実践・教育・研究フロンティアセンター認定看護師教育課程皮膚・排泄ケアコース卒業。皮膚・排泄ケア認定看護師免許取得。おむつフィッター3級取得。2015年より一般社団法人日本創傷・オストミー・失禁管理学会評議員。2017年特定行為研修(創傷管理分野)修了。2021年日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会評議員。東葛クリニック病院在職中。


  佐野由美
東葛クリニック病院
検査部 臨床検査技師

 女子栄養大学卒業、臨床検査技師資格取得、東葛クリニック病院入職。2008年NST専門療法士資格取得,2020年超音波検査技術『超音波検査による便性状評価の検討―経臀裂アプローチ走査法における下部直腸評価の有用性』優秀論文賞受賞。
所属学会:日本臨床検査技師会・超音波検査学会・日本臨床栄養代謝学会・日本創傷・オストミー・失禁管理学会




看護への導入効果がわかる
初心者を念頭に、
 実務をわかりやすく解説
ケアで役立つ場面が
 映像を通して見える

 プログラム

1.看護師がエコーを活用する
  意義
〈浦田氏〉
 看護師がエコーを活用すると
  何が変わるのか?
 エコーを活用する看護場面の紹介

2.看護師が知っておきたい
  エコーの基礎知識
〈佐野氏〉
 エコーの原理と特徴
 プローブの種類と使い分け
 エコー画像の読み方

3.褥瘡ケアにおける
  エコー活用術
〈浦田氏〉
 褥瘡ケアでエコーが役立つ場面
 褥瘡エコー画像の読み方
 褥瘡エコーのプローブ走査

4.排泄ケアにおける
  エコー活用術
〈浦田氏〉
 排尿ケアでエコーが役立つ場面
 排尿エコー画像の読み方
 排尿エコーのプローブ走査
 排便ケアでエコーが役立つ場面
 排便エコー画像の読み方
 排便エコーのプローブ走査

5.エコーを活用するために
  必要な事前準備
〈佐野氏〉
 看護場面で活用しやすい
  エコー機の選び方
 プローブ走査の自主練メニュー



 ねらい
 小型化・軽量化・安価になり、エコーが使いやすくなりました。「特定行為に係る看護師の研修制度」でも看護師のエコー活用が紹介されました。今後、病院〜在宅ケアでの活用が増えるのは必須、看護ケアに役立つエコー活用の方法を紹介します。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月3日(木)
講義時間
約2時間
受講料
一般11,000円 会員8,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月4日(水)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.