ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17292-2
  報酬改定の再確認とケアマネジメント
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約5時間

 居宅ケアマネが今すべきことを確実に押さえる!


指導講師

 
松川竜也
ツツイグループ
医療法人徳寿会顧問兼コンプライアンス室 室長
一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会 副理事長

 社会福祉法人において、特別養護老人ホームやデイサービスセンターで介護職・相談員を務めた後、居宅介護支援事業に従事。その後、法人本部長として法人経営を行いながら居宅介護支援事業管理者、地域包括支援センター長として業務に従事した経験を持つ。また、保険者において、基幹型地域包括支援センター所長としての業務経験を持ち、現場だけでなく、保険者としての業務経験を活かし実務・研修などを行う。

報酬改定や厚労省の動向を適切に踏まえた
実践の具体策

プログラム

1.再確認! 報酬改定の概要

2.全サービスに求められる共通事項
 ●報酬改定の内容を、どのように重要事項説明書に反映させるか
 ●BCP(事業継続計画、業務継続計画)策定・運用のポイント
 ●虐待防止、ハラスメント対策の強化

3.看取り期における居宅ケアマネとしての対応

4.特定事業所加算の見直しで求められる、
  「質の高いケアマネジメントの推進」の具体策

5.逓減制の見直しをどう捉えるべきか

6.医療機関との情報連携の強化のポイント
  〜通院時情報連携加算

7.「生活援助の訪問回数の多い利用者等の
  ケアプラン」の届け出の見直し内容

8.居宅介護支援に影響のある変更点を押さえる
  居宅療養管理指導/ICT活用/説明・同意等にかかる見直し/
  記録の保存等にかかる見直し

9.LIFEって、何?
  〜LIFEの居宅介護支援事業への影響とその対応

10.居宅介護支援事業所における
   業務効率化のポイント

11.実地指導から運営指導へ!
   変更内容にどう対応していくか

 


居宅ケアマネが実務で判断に迷うポイントを
わかりやすく解説!

ねらい
 2021年に介護報酬改定が行われ、逓減制の見直しやLIFEの活用などが盛り込まれました。同時にICTの活用など、業務効率化も求められています。さらに今後、実地指導のあり方も変わっていきます。
 こうした変化を適切に理解した上で、ケアマネジメントを行っていくことが強く求められます。本セミナーでは実務においてどこに気を付け、何をするべきか考えていきます。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年12月9日(金)
講義時間 約5時間
受講料 一般15,000円 会員12,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年2月3日(金)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
説明が具体的で、わかりやすかった。
モニタリングの時間を減らすのではなく、業務の効率化を考える。
 講義で出てきた内容を活用してみようと思います。
運営指導内容の説明が分かりやすかった。
科学的介護の居宅に求められる項目を学べた。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「居宅ケアマネ実務直結!報酬改定の再確認とケアマネジメントへの対応」

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671