ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17298-2
  折れない心・やり抜く力の伸ばし方
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3.5時間

 〜自分自身・スタッフ・学生・組織が主体的に動き出す


指導講師

   深谷純子
 株式会社深谷レジリエンス研究所
 代表取締役

 1984年山口大学理学部卒業。日本アイ・ビー・エムでシステムエンジニア、管理職などを経て、2011年に起業。独学でポジティブ心理学や脳科学を学び、高校生から社会人までを対象にレジリエンス研修、講演、コーチングを実施。著書に『ひきずらない技術』(あさ出版)がある。

成果を上げるたくましい組織に導くかかわり方

プログラム

1.折れない心(レジリエンス)と
  やり抜く力(グリット)を高める重要性

 看護、介護におけるレジリエンス・グリット
 折れない心(レジリエンス)とやり抜く力(グリット)
 環境適応の3段階
 経験の量とやり抜く力の関係

2.レジリエンスを保つ9つの習慣と実践ポイント

3.レジリエンスの高め方・導き方
 レジリエンスが高いリーダーとは?
 レジリエンスが高い組織と低い組織の特徴
 スタッフ、組織のレジリエンスを高めるには?
 スタッフのレジリエンスを高めるポイント
  ・心理的安全性を高める
  ・自身、組織、目的への現実的な視点
  ・メンバーのメンタルと身体の健康
  ・つながる機会の提供
  ・考えるための問い
  ・メンバー独自の背景

4.グリット(やり抜く力)を醸成する
 やり抜くために必要なもの
 やり抜く秘訣と心構え 
 どうやってグリットを高めるか? 具体的方法や習慣方
 ストレス対処の指導

5.現場事例で具体策 
  折れない心・やり切る力を身につける
  状況別・個人別の指導法

 ストレスを感じやすい人
 ネガティブ感情がいつまでも続く人
 気持ちを切り替えられない人
 考えてばかりで行動しない人
 気分の浮き沈みがある人
 仕事を抱え込んで無理をする人
 現場スタッフへの対応
 学生への指導
 いつも中途半端、最後までできない人


困難をバネにして、いつでもどこでも
高いパフォーマンスを発揮するには?

ねらい
 医療・看護現場においても環境変化のスピードは速く、管理者やスタッフにとって業務的にも精神的にも負担が大きくなっております。また、covid-19の影響によりこの問題はさらに深刻化しているのではないでしょうか。
 困難に立ち止まったり、失敗を引きずったりすることなく適切な医療を提供し続けるためにはレジリエンスとやり抜く力(グリット)が重要になってきます。
 本セミナーでは管理者や指導者および部下や学生のレジリエンスとやり抜く力(グリット)の伸ばし方について具体策を挙げながら解説していきます。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年10月17日(月)
講義時間 約3.5時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年12月12日(月)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
レジリエンスを高めるための具体策があり、実践できそう。
ネガティブ感情への対応策が示され、行動できそう。
関係をつくる対応とこわす対応が自分の経験と重なり理解できた。
自分の強みや特性を認識できる場面だと言い聞かせることができた、
 具体的で実際的なお話を聴講できて有意義でした。ありがとうございました。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「困難な時代を乗り越える!
 折れない心(レジリエンス)・やり抜く力(グリット)の伸ばし方」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671