ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17308-2
  災害看護の初期対応と医療体制の充実
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4.5時間

 リアルな事例で深める"災害時に慌てない"ためのポイント


指導講師

 
宇野翔吾
株式会社日立製作所 日立総合病院
救命救急センター 救急看護認定看護師
 2010年株式会社日立製作所日立総合病院入職。内科病棟を経て、2012年救命救急センターへ配属。2017年救急看護認定看護師として活動開始。RRS、ドクターカーナースに関連する研究に従事する傍ら、日本救急医学会関東地方会施設代表者などを務める。また、急変対応・災害・プレホスピタルケアなどの多数の講師としても積極的に活動している。

根拠を踏まえて初期対応の基礎固め!
突然災害が起きても、すぐ動けるようになる

プログラム

1.災害についての基礎知識を学ぼう!
 1)災害医療と災害看護の基本
 2)災害時の合言葉「スイッチを入れて"CSCATTT"」とは
 3)災害時に考える災害時要配慮者への看護
 4)災害発生時の傷病者搬送の種類と方法
 5)特別編!特殊災害対応とCOVID-19

2.日頃の備えは有事の備え!
  何もない今だからこそできる
  災害医療体制の準備と充実強化

 1)災害発生前の対策で考えるべき"BCM"と"BCP"
 2)"今すぐできる"災害時対応とは
 3)平時から考える被災者・救援者への
   メンタルヘルスケア(心のケア)
 4)災害訓練の必要性(目的)と種類

3.症例学習 災害発生!看護師が行うべき災害対応
  〜役割を整理しながら考えてみよう!

 1)地震発生!最大震度6強、津波警報発令中
   〜あなたはどう行動する?
  @地震発生直後にとるべき対応 
  ACSCATTTから考える災害対応と看護
  B患者避難とパッケージング〜安全に患者を搬送するには?
 2)水害発生!台風による土砂崩れ、
   大量の土砂と泥水が病院内に流入
   〜あなたはどう行動する?

  @水害発生時にとるべき対応 
  ACSCATTTから考える災害対応と看護
  Bスイッチを入れるタイミングはいつ?
   発災時の本部への報告もしてみよう!
 3)感染症が発生!発熱・気道症状で多くの傷病者が病院を受診
   〜あなたはどう行動する?

  @救急外来(または一般外来)でとるべき対応
  ACSCATTTから考える感染症の対応と看護
  B隔離対応ゾーニングとスクリーニング
   〜二次災害を避けるための対策とは?

4.まとめ〜講師からのメッセージ


ねらい
 災害が発生した場合、地域や住民への被害に焦点が置かれがちですが、被災した傷病者を受け入れる病院の対応や実際については、あまりクローズアップされておりません。特に、甚大な災害発生から数年が経過してしまうと、災害に対する意識も薄れていく傾向にあります。
 本セミナーでは、いつ・どこで・どんな形の災害が起こるかわからない中でも、「災害対策」をどのように考え、準備しておくべきなのかについて、災害対応の基本から実践応用に至るまで、根拠を踏まえて丁寧に解説します。また、日本DMAT隊員の視点から考える災害対策・災害対応についての解説も加え、さらに病院で勤務している全ての看護師が、突然発生する災害に対応できる基礎対応力を身につけられるよう根拠を踏まえて解説します。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年11月27日(日)
講義時間 約4.5時間
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年1月22日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
いろいろな災害を想定した対策が説明されていたので分かりやすかった。
具体的な資料と講師が実体験を基に説明されていたので頭に入りやすかった。
基礎知識もあり、初心者でも分かりやすかった。
 確認したいことが知れて良かった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「災害看護における初期対応と災害医療体制の充実強化」

 

関連セミナー
RRSを活用した患者急変時の
判断・対応・看護【事例学習】
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
救急看護で必要な
フィジカルアセスメントと
救急医療体制の充実
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671