ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17317-2
 
好評再配信1回目


心臓カテーテル検査CAG・治療PCI
基礎から教科書では学べない
実践知を看護の視点で!
心臓カテーテル検査
(CAG)・治療(PCI)
と看護ポイント

 指導講師

  田向宏和
独立行政法人 国立病院機構
浜田医療センター
診療部 診療看護師

 2007年東京都立青梅看護専門学校を卒業後、独立行政法人国立病院機構災害医療センターへ入職。2010年独立行政法人国立病院機構浜田医療センターへ転任し、救命救急センター所属。2013年東京医療保健大学大学院看護学研究科高度実践看護コースへ進学。2015年独立行政法人国立病院機構浜田医療センターへ診療看護師として復職し、現在は循環器科で医師の指示の下、初期診療、検査・手術助手、病棟患者管理を主に活動している。


さまざまな症例(動画)を通して
知識が深まるので、
明日から自信を持って
状況に応じた対応ができる


 プログラム

1.心臓カテーテル
  検査・治療の基本
  
〜目的・適応・種類
 1)カテーテル検査室とは
 2)循環器の解剖生理
 3)心臓カテーテル検査の目的・適応
   (疾患、各種検査など)
 4)検査の種類(右心カテーテル、
   左心カテーテル、
   左室造影検査など)
 5)使用デバイスの種類

2.心臓カテーテル
  検査・治療の手順
  
〜入室から穿刺まで
 1)心臓カテーテル検査の流れ
 2)入室前の注意事項
 3)入室後の処置
 4)心臓カテーテル治療の流れ

3.心臓カテーテル
  検査・治療の合併症の
  症状とケア・対処法

 1)検査・治療による血管
   および心合併症と対応
 2)造影剤による合併症と対応
 3)その他の合併症と対応

4.心臓カテーテル検査・
  治療の術前・術後の看護
  
〜観察項目・注意点と
  
 家族へのサポート
 1)術前評価と準備
 2)検査中の看護の注意点
 3)術後看護の観察項目と注意点
 4)症例で学ぶカテーテル治療と看護

5.まとめ〜講師からのメッセージ



 ねらい
 本セミナーでは、心臓カテーテル検査・治療と看護の役割ついて、一つひとつの基本(知識・判断・対応のポイントなど)を丁寧に振り返ります。そして、明日からさまざまな変化に柔軟に対応できるよう、臨床場面で見逃してはいけない必須項目、アセスメントと状況に応じた対処法、押さえておくべきケアポイントなど、臨床ならではの視点を交えて解説します。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月6日(日)
講義時間
約4.5時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月4日(水)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。
 
詳しくはこちら



 

関連セミナー
手術看護の必須知識と
術中看護の重要ポイント
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.