ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17322-2
 
好評再配信1回目


安心・安全な「持ち上げない」介護技術
体重差が30kgあっても
大丈夫!
高齢者・介助者双方に
安心・安全な
「持ち上げない」介護技術
運動生体力学に基づいた
腰・膝・肩に負担をかけない
介助方法を実技動画で学ぶ!

 指導講師

 
山彰彦

一般社団法人
幸せ介護創造
ファクトリー

代表理事
社会福祉士
介護支援専門員
社会福祉学修士


 社会福祉法人などで介護職、生活相談員として勤務。専門学校・短大などの教員を経て、大手介護事業所において「人材育成部」を創設。社内研修体制の整備、社内認定試験の導入、キャリアパス制度を構築。運動生体力学に基づいた介護技術を考案し、介護技術を中心とした教育研修を行う。


高齢者に負担をかけない、
我慢をさせない介護技術がわかる!
 プログラム

1.「持ち上げない」
  介護技術の基本

 ●介助技術の評価
 ●ボディメカニクスで
  強調されていること
 ●人間本来の動きから学ぶ
 ●持ち上げない介護をするために

2.実技動画で学ぶ
  高齢者・介助者双方に
  安心・安全な
  「持ち上げない」介護技術

 @立位介助
  "立つための条件"を満たして
  力を効率的に活用
 A歩行介助
  重心移動で足が出るようにサポート
 B移乗介助
  「てこの原理」を使って
  最低限の力で乗り移る
 C車椅子介助
  悪路や段差を乗り越えるテクニック
 Dベッド上での介助
  摩擦を減らし力を効率的に伝える
 E着替え介助
  片マヒのある方の着脱
 F排泄介助
  狭い個室内での車いす→便座への移乗
 G入浴介助
  浮力を使った浴槽の出入り
 H食事介助
  スプーン、箸の正しい使い方



30kgの体重差があっても
負担を感じない
持ち上げない介護技術がわかる!

 ねらい
 介護現場ではいまだに科学的な根拠に基づいていない間違った介護技術が横行しており、それが利用者の介護拒否につながってしまったり、介助者が腰や膝を痛めて退職に至ってしまうケースが少なからずあります。そこで本セミナーでは、長年、運動生体力学に基づいた介護技術を現場スタッフに指導してきた講師が、高齢者・介助者双方に安心・安全な「持ち上げない」介護技術について、実技動画を交えながらわかりやすく解説します。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年10月3日(月)
講義時間
約3.5時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2022年11月28日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)

募集終了


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.