ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17327-1
  災害対策委員が進める体制整備
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間

『病院・看護部の災害対策と訓練』出版記念セミナー
体験者だから語れるリアルな対応と備え
 「マニュアル」「訓練」見直し・活用の具体策


指導講師

 
 
佐藤和美
 NPO法人防災サポートおぢや 理事
 
元・公益財団法人小千谷総合病院 看護部長

 2004年10月の中越地震発生時、震源地の小千谷市に位置しながら、日頃の防災訓練の経験やマニュアルを生かし、職員が一丸となって患者の安全確保に努めたため、一人の犠牲者や怪我人も出さなかった小千谷総合病院。その危機管理体制が高く評価される中、講師は当時の経験を生かし、災害時に備えた看護対応を具体的に提案、各方面で活躍している。

経験者の「困ったこと」
「知っていればよかったこと」からの備えを!

プログラム

1.災害に直面したときの
  自らの行動様式と自己理解

 1)災害時に自分にできることは何か
 2)今担っている役割の中でできること
 3)その時に求められる知識・技術・対応
 4)《全体》と《個》の両者に目を向ける

2.災害発生直後の病院で起こり得ること
 1)災害時の看護師を取り巻く状況
 2)発生の瞬間、看護師はどう動いたか
 3)判断を迫られる要件と訓練の必要性
 4)災害直後の被災者へのケア

3.災害対策委員の役割と
  災害に備えたスタッフへの教育

 1)組織における災害対策委員の位置づけ・役割
 2)災害発生時に求められる能力
 3)体系的対応の基本原則(CSCA TTT)
 4)災害に対するスタッフの意識を高めるために

4.災害時に役立つ防災・減災マニュアルの整備
  (BCP作成のポイント)

 1)病院・施設における災害対策 4つの視点
 2)防災・減災計画(マニュアル計画)の
   作成・見直しポイント
 3)アクションカードの工夫
 4)BCPの考え方・BCPに基づくマニュアルの構成

5.効果的な防災訓練の実施
 1)災害時の避難において役立ったこと・課題
 2)情報を伝達するための訓練
 3)避難誘導の訓練
 4)地域・他施設との連携確認
 5)各部署での初動対策
   (病棟・外来・手術室・透析室など)

6.災害体験者として伝えたいこと
 1)知っていればもっと動けたと感じたこと
 2)教訓が生かされたこと
 3)医療従事者へのケアの重要性など

本当に使えるマニュアルか、
行動できる訓練か。
今ある災害対策を見直す!

ねらい
 災害時に看護師としての専門性を効率的に発揮するためには、災害対策委員が中心となり、日頃からマニュアルの整備やそれに関した訓練を行うことが求められます。しかしそれらが実際に行動できるものになっているか、不安を感じている方は多いのではないでしょうか。病院機能評価受審の際にも求められる災害発生時の対応体制整備について、新潟県中越地震を経験し、その経験を生かして東日本大震災の現場でも支援を行っている講師が詳しく解説します。
視聴期間 約2週間
開講日 2022年6月6日(月)
講義時間 約4時間
受講料 [セミナー受講のみ]
 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
[セミナー受講+書籍 セット販売]
 一般16,000円 会員13,000円(1名につき・消費税込) ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について>
申込締切 2022年8月1日(月)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
対面式セミナーはこちら

受講者の声
リアルな体験談が聞けてイメージができた。管理的な視点で災害対策を考えることができるようになった。
実際の被災された経験をもとにマニュアルや訓練、被災された時だけでなく、平時からの準備など教務があったことを聞くことができた。
疑問点や聞きたいことを講師に聞けた。マニュアルやシミュレーションの今後の役に立ちそうです。
防災マニュアルの見直しをしている最中だが、研修でポイントがわかった。自身の課題となっている部分について話を聞くことができた。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「災害対策委員が進める体制整備」


関連商品のご案内

病院・看護部の
災害対策と訓練


佐藤和美

詳しい内容はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671