ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17349-2
  小児救急看護に必要な観察・判断・対応
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3.5時間
好評再配信1回目

 急変・緊急時に迷わない!ナース視点で実践知識とベストケアを学ぶ


指導講師

 
大内圭子
株式会社日立製作所 日立総合病院
救命救急センター 小児救急看護認定看護師

 2000年(株)日立製作所日立看護専門学校を卒業し、(株)日立製作所日立総合病院へ入職。小児科病棟とNICU勤務を経て、2013年に小児救急看護認定看護師資格を習得。同年、救命救急センターへ異動し、現在に至る。また、PEARSインストラクターとして、院内外で小児救急の活動に広く携わっている。

患児・家族に寄り添った看護を実践するために、
異常の早期発見と適切な援助ができる力を身につける!

プログラム

1.事例で深める! 小児診療トリアージの基本と
  小児危急疾患におけるトリアージの実際

 1)緊急度と重症度の違いは?
 2)トリアージの基本はコミュニケーションスキル
   〜患児・保護者に安心感を抱かせるものでなければならない〜
 3)ケースシナリオで学ぶトリアージスキル
   〜発熱+脱水、誤飲など〜
 4)電話トリアージも強くなろう!
  ●親の不安感を軽減できるような伝え方
  ●救急受診の必要性がない場合の具体的な受診のタイミング

2.小児危急疾患の種類・特徴と
  救急疾患のピットホールに陥らないための看護

 1)よくある疾患の治療・症状把握と看護ポイント
  ●発熱(様子見の発熱と救急受診が必要な発熱)
  ●けいれん
  ●呼吸器系疾患(気管支喘息、クループ、細気管支炎)
  ●脱水(嘔吐・下痢)
  ●腹痛
  ●頭部打撲
  ●誤飲・誤嚥
 2)見落とせない疾患の治療・症状把握と看護ポイント
  ●精巣捻転
  ●腸重積
  ●虫垂炎
  ●髄膜炎
  ●急性喉頭蓋炎

3.看護師ができる児童虐待への観察(気づき)と
  対応のポイント
最新トピックを交えて
 1)虐待の背景に何があるか、生活環境、親とのかかわり、
   虐待の連鎖
 2)看護師としてできること・できないこと、
   コメディカルとの連携の必要性

4.小児救急看護のコツと落とし穴
 1)代表的な救急疾患の治療・看護の再確認
 2)治療のみが先行・完了しても患児家族の満足度は上がらない
  ●患者や家族の「知りたいこと」と看護師の「知りたいこと」は
   異なることがある
  ●看護師は患者や家族の「解決したいこと」を解決する
 3)病棟急変予知(Bedside early warning score system)を
   知ろう!

5.まとめ〜講師からのメッセージ


ねらい
 小児救急医療の現場では、患児と家族の心理面・精神面を配慮した治療・看護がトータルケアとして求められます。本セミナーでは、小児救急でよくある疾患や危険度が高く見落とせない疾患について、治療・症状把握から看護までのポイントを解説します。また、ドクターコールの基準や電話相談時の対応ポイントについても実践レベルの知識で分かりやすく解説します。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年12月11日(日)
講義時間 約3.5時間
受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年2月5日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

受講者の声
緊急度と重症度の違いや疾患や症状の治療のタイムリミットがあることなど
 確認できて良かった。
虐待対応に必要な「視座」という内容は初めて聞く言葉でとても参考になった。
救急での初期対応について、分かりやすく丁寧に説明されていた。
新たに知れたことがあった。
 また、資料が丁寧であり、今後に活かせそうな内容であった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「小児救急看護の初期対応で必要な観察・判断・対応」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671