ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17380-1
  高齢者のQODを高める終末期ケア
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約時間

 理想的な「死」につなげる支援を具体例で!
 一人ひとりの死生観に寄り添った実践のポイントを学ぶ


指導講師

 
北村恵子
 浅井東診療所 看護師
 認知症ケア上級専門士/終末期ケア専門士

 大学病院の脳神経外科、介護老人保健施設の認知症棟での勤務で、認知症ケアや看取りケアを実践。多職種連携、認知症の方の看取りケアについて多数発表。現在は滋賀県長浜市にある浅井東診療所で、人生の大切な時間を医療の面から支える地域の健康拠点として、家庭医療専門医と共に地域住民の生き方・暮らし方・生活を支えている。認知症ケアにおいては「認知症の方が見ている世界観」を大切にした関りが支持され、講師・研修等で数々の事例を用いた解説を行う。



現場で知り学んだ関わり方のコツを
たくさんの事例を通して学ぶ

プログラム

1.在宅死・施設死の増加と医療・介護の役割変化

2.終末期医療および介護施設における看取りの課題

3.「QOD」の向上に期待される在宅医療の実際

4.高齢者・家族の「QOD」を
  支援者としてどう捉えるか?

5.「死への準備」「死の自己決定」を
  いかに支援するか?

6.認知症高齢者の「QOD」を高めるために
  必要な手立て

7.「QOD」に寄与する介護現場における緩和ケア

8.介護施設における看取りと「QOD」向上の実際
  〜効果的な多職種連携で生み出された成果

9.在宅ケアにおける看取りと「QOD」向上の実際
  〜家族とともにナラティブに寄り添う終末期


ねらい
 近年の高齢多死社会において「QOL(生活の質)」の考え方が人生の終末期にも広がり、「QOD(Quairity of Death:死の質)」という言葉を耳にするようになりました。毎日を理想的に生きることを目指す中で、どのように「死」を迎えるか、「死」へのプロセスをどのように過ごすか、といった理想的な「死」につなげる考え方です。「QOL」と「QOD」は分けられるものではなく、「QOD」を高めることは「QOL」を高めることにつながります。本セミナーでは、そんな「QOD」のあり方と、施設や在宅で高齢者の支援に携わる専門職としてのより適切なアプローチ方法を具体例で解説します。
視聴期間 約2週間
開講日 2022年8月24日(水)
講義時間 約3時間
受講料 一般11,000円 会員8,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年10月19日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「高齢者の“QOD(死の質)”を高める終末期ケアと適切なアプローチ方法」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671