ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 17381-2
  精神看護学の授業設計と実習展開
生放送オンラインセミナー ※講義時間:約時間

 新カリにおいて他科目での習得した内容を踏まえての
 精神看護学の展開を考える


指導講師

 
宇佐美しおり
四天王寺大学 看護学部 教授
看護実践開発研究センター長
熊本大学名誉教授/精神看護専門看護師(CNS)

 1986年熊本大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程卒業。1988年聖路加看護大学大学院修士課程(看護学修士)。長谷川病院にてCNS勤務(〜1993年)。1997年看護学博士(第8号)取得。兵庫県立看護大学看護学部(〜2001年)。1998年光愛病院看護部CNS非常勤(〜2001年)。2001年、熊本大学医療技術短期大学部看護学科教授。2005年、熊本大学医学部保健学科教授。2009年、熊本大学大学院生命科学研究部教授。2019年4月から現職。

精神看護学の授業設計・看護理論・
学習評価・実習展開など幅広く学ぶ

プログラム

1.2022年新カリキュラムと精神看護学
  ●ICT活用の基礎的能力・コミュニケーション能力
  ●在宅・老年看護学の改正を踏まえた精神看護学の臨地実習

2.精神看護学における授業設計
  ●指導案作成の基本
  ●単元指導案と1単位時間指導案
  ●演習計画
  ●学生の特徴と指導案

3.精神看護学で用いられる看護理論
  ●対象理解のための精神力動理論・脆弱性−ストレス-対処理論
  ●ペプローの対人関係理論
  ●ストレングスモデル
  ●地域包括ケアのためのオレム−アンダーウッドの
   セルフケアモデル〜PASセルフケアセラピィ

4.精神看護学における学習評価

5.臨地実習指導案の作成

6.臨地実習の展開
  ●実習先との調整・実習指導体制の整備
  ●実習指導方法
  ●実習評価
  ●シミュレーション教育による実習
  ●オンライン実習
  ●実習記録

7.精神看護学実習で問題が起きた場合の対処

8.コロナ・危機的状況における実習展開


コロナ禍での精神看護実習の工夫、
実習トラブル対応についてのヒントがわかる

ねらい
 精神看護学に関して「どのように授業を組み立て実習展開すれば学生が専門職として成長していけるのか」について「授業設計」「考えの基礎となる理論」「学習評価」「実習展開」といった観点から講義を進めていきます。新カリキュラムがスタートし、基礎看護学や在宅・老年看護学など他科目で強化された内容を踏まえ、精神看護学の講義と実習をどう展開できるのかについて検討していきたいと思います。
配信日程 2022年12月18日(日)13:00 〜 17:00
※終了後、録画視聴(見逃し配信)できます。
(視聴期間12/23から12/25までを予定)
講義時間 約4時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2022年12月11日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
 送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。

 ただし、12/2以降のご注文は代金引き換え便のみの発送となります。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「カリキュラム改正に対応した精神看護学の授業設計と実習展開」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671