ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17385-1
 


ブリーフセラピスト養成講座
日本ブリーフセラピー協会認定

ブリーフセラピスト

養成講座

〈プログラムI 基礎理論〉

システム論的アプローチの
基礎から日常活用法までを学べる

 監 修
 
若島孔文

東北大学大学院
教育心理学講座 教授
NFBT チーフトレーナー


 指導講師
 
高木 源

東北福祉大学
総合福祉学部 助教
NFBT 仙台支部講師



小林大介

新潟青陵大学大学院
臨床心理学研究科 助教
NFBT 新潟支部講師



あえて「原因」を求めない
問題「解決」の方法を知る


 プログラム

1.ブリーフセラピー
  (家族療法、短期療法)の
  起源と理論

  ●システム理論
  ●コミュニケーション理論

2.MRIアプローチの
  見立てと介入技法

  ●偽解決の悪循環
  ●行動処方
  ●リフレーミング
  ●治療的二重拘束

3.解決志向短期療法
  ●相談者の3つのタイプ
  (ビジター、コンプレイナント、
   カスタマー)
  ●ウェル・フォームド・ゴールの設定
  ●ソリューショントークのための
   会話法
  ●ワークシートの活用



 ブリーフセラピーの考え方の特色

原因探しをせず、例外
(問題の中ですでに解決している部分)を探す(SFA)


これまでとは何か違う事をする
(Do Something Different)


うまくいっていることを続ける
(Do More)


 ブリーフセラピーは問題の原因を個人病理に求めるのではなく、コミュニケーション(相互作用)の変化を促して問題を解決・解消していこうとする心理療法です。「原因が何か」ではなく、「今ここで何が起きているのか」(相互作用)を重要視します。



それぞれの日常で活用できる
スキルを学習する


 ねらい
 日本ブリーフセラピー協会(NFBT)認定資格取得のためのファーストステップ。本研修を修了後にプログラムII,III(協会主催で別途開催)を修了すればブリーフセラピストの認定試験を受験することができます。ブリーフセラピーは個人面接だけでなく家族面接、訪問援助、集団精神療法(心理教育)、コンサルテーションなどの様々な援助方法に適用でき、医療、保健、福祉、学校教育、ビジネス、組織マネジメントなど幅広い領域・分野で用いられ効果をあげています。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月15日(火)
講義時間
約5時間
受講料
一般18,000円 会員15,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月10日(火)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら




Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.