ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17388-1
  糖代謝異常合併妊産褥婦への助産ケア
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約4時間

 妊娠前から産後までのアプローチとかかわり方


指導講師

 
田中佳代
 久留米大学 医学部 看護学科 母性看護学
 久留米大学大学院 医学研究科 修士課程
 助産学分野 教授

 1996年に久留米大学医学部看護学科に着任し、2016年に久留米大学大学院医学研究科看護学専攻助産分野開設に伴い兼務、現在に至る。また、2014年に「糖尿病と女性のライフサポート研究会」を立ち上げ、糖尿病と共にある女性と家族への支援の実践・開発、支援ネットワークシステムの構築に努めており、糖尿病と女性のライフサポートのホームページ(https://dm-net.co.jp/dlsnw/)を開設し、糖尿病を持つ女性の性と妊娠・出産にかかわる情報発信やセミナーの実践に尽力している。さらに、日本糖尿病・妊娠学会(理事、編集委員)、日本糖尿病教育・看護学会(評議員、専任査読者)、日本母性衛生学会(代議員、専任査読者)、福岡母性衛生学会(理事)など多くの団体で積極的に活動している。

最新動向と根拠を基に状況に応じた
ケア・管理の方法をかみ砕いて指導!

プログラム

1.糖代謝異常の分類と心理【基礎固め】
 1)糖尿病の成因分類
 2)妊娠中の糖代謝異常の分類
 3)糖尿病タイプ別の心理

2.糖代謝異常を持つ女性へのプレコンセプションケア
 1)生涯を通じた糖尿病を持つ女性の健康問題
 2)糖尿病を持つ女性と月経
 3)性行為と低血糖
 4)妊娠と糖代謝のかかわり
 5)高血糖が及ぼす母体、胎児・新生児への影響
 6)糖尿病患者における妊娠の許容条件
 7)糖尿病を持つ女性とその家族の結婚、妊娠・出産に対する意識
 8)糖尿病を持つ女性の妊娠に対する不安を軽減するために
 9)糖尿病を持つ女性へのプレコンセプションケア

3.妊娠糖尿病(GDM)の診断・予後のポイント
 1)妊娠糖尿病の定義
 2)妊娠糖尿病の長期予後・産後糖尿病発症リスク因子
 3)妊娠糖尿病の診断基準
 4)妊娠中の糖代謝異常のスクリーニング法
 5)妊娠糖尿病妊婦の産後のフォローアップ

4.糖代謝異常合併妊婦の医学的管理と助産ケア
 1)妊娠中の血糖コントロール目標
 2)妊娠中の血糖コントロールの実際
   〜食事療法、運動療法、インスリン療法、血糖自己測定
 3)糖尿病合併妊婦の心理と支援のポイント
 4)妊娠糖尿病妊婦の心理と支援のポイント

5.糖代謝異常合併妊婦の分娩から
  産後・育児期の医学的管理と助産ケア
 1)糖代謝異常合併妊婦の分娩
 2)分娩後の血糖コントロール
 3)糖代謝異常合併妊婦から生まれた児の医学的管理と
   フォローアップ
 4)耐糖能異常と母乳栄養
 5)育児と血糖コントロール
 6)妊娠糖尿病妊婦の分娩後の心理とセルフケア行動にかかわる要因
 7)妊娠糖尿病妊婦の分娩後のフォローアップに向けて
 8)家族と糖尿病と共に生きるために

6.糖代謝異常を持つ女性の生涯を通じた支援に向けて
  
〜まとめ・講師からのメッセージ
 1)糖代謝異常合併妊婦への支援に向けて
 2)他職種との連携を図る
 3)糖尿病女性とライフサポートネットワーク


※アドバンス助産師2023年・2024年・2025年 更新申請要件
 「選択研修」(4時間)に該当します。
 本セミナーを受講された方には受講修了証明書を発行いたします。
 (更新申請要件の詳細は日本助産評価機構のホームページ参照)。

ねらい
 糖代謝異常合併妊婦の助産ケアでは、妊娠・分娩期における血糖コントロールのためのセルフケアに対する援助や心理的支援などだけでなく、1・2型糖尿病を持つ女性には、母児の健康のために、妊娠前からのいわゆるプレコンセプションケアが求められます。また、産後においても、妊娠糖尿病女性の場合は、育児と併せて自身の将来の糖尿病発症を予防するための定期健診や生活習慣改善のセルフケアへの支援が求められます。
 本セミナーでは、助産師が糖代謝異常合併妊婦の妊娠前から産後にわたって助産ケアを提供できるために、『自分は糖代謝異常合併妊産褥婦にどのようにかかわっていけるだろうか?』と考えられるように解説します。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年10月23日(日)
日程変更
2022年11月20日(日)
講義時間 約4時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年1月15日(日)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 


「糖代謝異常合併妊産褥婦への切れ目のない助産ケア」

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671