ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17394-1
   


感情コントロールできない人のトリセツ
挟まれ役に悩む師長・主任へ!
嫌な上司との
付き合い方
嫌な上司に
ならない方法
感情コントロール
できない人のトリセツ
上司も自分自身の取り扱いに困っている !
その心の内を理解した対応

 指導講師

  益山 桂太郎
医療法人資生会 千歳病院
企画室長/精神保健福祉士


 1996年大学卒業後、大阪の障害福祉センターに入職。1997年退職。2001年社会福祉法人に入職。2006年北海道の精神障害者生活訓練施設に入職。2008年旭山病院医療相談室に入職。2015年北海道大学教育学院教育社会論教育福祉論修士課程を修了。2015年医療福祉法人社団ほっとステーションに入職。2016年大阪に戻り、大阪精神医学研究所新阿武山病院に入職等々…その他書ききれないほどの転職を繰り返す。2018年北海道に戻り、現在に至る。

講師は嫌な上司だった!
その経験から学ぶ

 精神を扱う領域に従事しながらも、感情任せのハラスメントまがいの部下指導を行っていた。その結果、自分自身が疎外感・職場内の悪い雰囲気に耐え切れず度重なる転職を繰り返した経験を持つ。転職依存症の精神保健福祉士。その苦い失敗経験から、感情コントロールできるように努力と実践を積み重ねている。


講師の失敗談、度重なる転職を
繰り返した経験から
“本当に役立つ”コツを学ぶ


 プログラム

1.はじめに
  
〜講師の失敗経験に学ぶ!
   嫌な上司の内面と構造
 怖い上司に委縮し
  「こんな上司にはならないぞ!」と
  心に誓ったはず…
 自分自身が厳しすぎる上司になって
  雰囲気に耐え切れず度重なる転職
 嫌な上司ぶりがすごい事例紹介

2.管理者の
  態度・感情コントロールが
  職場雰囲気を左右する!

 1)管理者の悪態は上から下へ、
   過去から未来へと伝染し
   受け継がれる?
   〜指導法の世代間連鎖…
    アルコール依存症や虐待などの
    負の連鎖と似ている
 2)医療現場は命を守る…
   頭ごなしの厳しさは仕方ない?
   しかしコミュニケーションが
   消極的になり余計危険!
 3)患者や利用者よりも
   上司の目が気になるのは最悪
 4)感情コントロールできないのは
   上司の問題
 5)厳しい? いじわる? 頭ごなし?
   上司の言葉の影響力→威圧感

3.理想の管理者像との
  ギャップが怖い結果を生む?
  善かれが逆効果になる
  落とし穴

 1)“当たり前”という
   暗黙のルールの怖さ
 2)自分への自信の無さが
   立場の弱い部下に
   高圧的態度として向かい自分を守る
 3)自分の指導が悪いと思われる?
   部下になめられてはいけない?
   上司が絶対じゃないと
   組織が成り立たない?
 4)怒るのがNGは当たり前!
   だけど叱るのも本当に大切?
   誰の何のため?
 5)正義の味方=職場・相手のため!
   になっているつもりという落とし穴

4.感情コントロールが難しい
  上司とうまくやるには?

 1)ボスマネジメントとは?
   うまくコントロールできるのが理想
 2)上司も望んで
   今の立場になったわけではない?
   自身の無さの裏返し
 3)回避行動が感情コントロールを
   難しくする
   〜劣等感の強い人、優秀な人に多い
 4)すこしだけ我慢が必要だが、
   うまくやるためのポイント
  相手の問題と気にしなくてよい場合
  あいさつ・返事のコツ
  必要以上には相手を立てないが…
  話の聞き方と上手な報告&相談
  それでもパワハラ、モラハラと
   感じた時にどうするか? ほか

5.楽になろう!
  理想の上司になるために
  “あるがまま”を
  受け入れるという事
  
〜怒りの感情行動は
   良好な関係も一瞬で壊す!
   わかっちゃいるけど…
   つい感情的にならないために
 1)あるがままとわがままは違う!
   開き直りではない
 2)スタッフを信じる、任せる
 3)自分の弱さ、不完全さを
   どんどん公開してみるということ
 4)素直に謝罪している、教えを乞う
 5)適度な緊張感、
   メリハリのある指導・管理
 6)管理と支配を混同しない
   〜ナースコントローラーではなく
    ナースマネジャーに!
 7)怒りを反省するということと、
   自分を正当化する葛藤を抑える

6.まとめ
  〜上司としての管理者へ、
   部下としての管理者、
   両方への大切なこと



 ねらい
 師長・主任ら中間管理職は、時に感情コントロールができない上司に悩まされることもあります。そして自分自身も気づかないうちに、スタッフに対して感情的で高圧的な態度をとってし待っているケースも多いのです。“相手や部署のためを思って”という気持ちがハラスメントまがいの態度も正当化してしまうからです。そしてそんな管理者の態度は連鎖・継承されることも多いようです。心理的安全性の高い職場を目指すには嫌な上司にならないこと、そして嫌な上司をうまくコントロールしたいものです。
 本セミナーでは感情コントロールできない嫌な上司との付き合い方、自分自身がそんな上司にならないための心の持ち方について学ぶことをねらいとしています。講師は自分自身が過去に“感情的な嫌な上司”であり、その結果をもたらした悪い雰囲気に耐え切れずに、度重なる転職をしてきた自称“転職依存症”です。まさに感情コントロールできない反面教師としての壮絶な事例と心理スキルの両側面から学びます。

 特 色
アンガーマネジメントで
 長年の癖は直らない?
 思考と行動を変える7つのポイント


感情的な指導を反省しつつも
 相手が悪いと正当化…
 そのGAPの埋め方を学ぶ


師長・主任を例に対上司と対部下、
 両方の感情コントロールを学ぶ


パワハラ・モラハラと感じたとき、
 感じられたとき、その時どうするか?

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2023年1月23日(月)
講義時間
約3時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年3月20日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.