ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17407-1
 


ポジティブな職場を作るアプローチ
【ワーク】で自分とチームを
成長させる実践スキルを学ぶ
ポジティブな職場・
スタッフ・自分を作る
管理者のアプローチ
心理的安全性が担保された
職場を作る!

 指導講師

  秋山美紀
埼玉県立大学
保健医療福祉学部
看護学科 教授


 北海道大学医療技術短期大学部看護学科卒業、東京大学医学部健康科学・看護学科卒業。東京女子医科大学病院勤務後、東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了、同博士課程単位取得済み退学。主な著書に『看護師のための「困難を乗り越える力」自分を思いやる8つのレッスン』(メヂカルフレンド社)、『看護のためのポジティブ心理学』(医学書院)がある。


ネガティブな感情も
そのまま受け止め承認する!


 プログラム

1.withコロナ時代に
  求められる
  看護管理者の役割

 1)コロナ禍が看護現場に与えた影響
 2)ポジティブな職場にするための
   最低条件

2.心理的安全性が担保された
  職場づくり

 1)身体的安全性と心理的安全性
 2)スタッフが自分の意見を言える
   場づくり
 3)患者の不利益につながる
   職場の雰囲気
  ワークスタッフへのポジティブな
      フィードバック

3.あるがままに受け止める
  
〜マインドフルネス〜
 1)マインドフルネスとは
 2)「今ここ」に心を込めるということ
  ワークマインドフルネス実践

4.あるがままに受け止める
  
〜セルフ・コンパッション〜
 1)セルフ・コンパッションの構成要素
   ●自分への優しさ
   ●共通性の人間性の理解
   ●マインドフルネス
 2)管理者だからこそ必要な
   自分へのいたわり
 3)セルフ・コンパッションへの誤解
  ワークセルフ・コンパッション実践

5.ポジティブ心理学による
  アプローチ

 1)ポジティブ心理学と
   ポジティブシンキングの違い
 2)ポジティブ感情の拡張〜形成理論
 3)管理者による
   ポジティブな職場づくりの具体策
  ワーク 「あなたはここにいてよい」



認め、いたわり、受け止めることで
モチベーションを高める!


 ねらい
 コロナ禍以降、看護現場は慌ただしく業務に追われる日々が続き、状況が落ち着いても燃え尽きそうなスタッフも散見されます。傷つき疲弊しているスタッフに「モチベーションをあげろ」と言っても、スタッフはやらされ感が募るだけです。管理者はスタッフを、そして自分自身をいたわり、受け止める必要があります。本セミナーでは、モチベーションを高め、ポジティブな職場を作るための様々なアプローチを紹介します。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月14日(月)
講義時間
約3時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月9日(月)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.