ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17408-1
  急性期領域の意思決定代理意思決定支援
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3.5時間

 倫理的ジレンマ、ACPなど患者・家族への具体的なアプローチ


指導講師

 
 樅山定美
 医療創生大学 看護学部 看護学科 教授
 急性・重症患者看護専門看護師

 筑波大学附属病院集中治療部、京都大学医学部附属病院 救急・集中治療部、自治医科大学附属病院集中治療部・救急部、自治医科大学看護学部、横浜創英大学看護学部などを経て現職。2013年急性・重症患者看護専門看護師の資格を取得。ELNEC-Jクリティカルケア指導者。クリティカルケア領域のスペシャリストとして学外での講演や、学会発表、e-ラーニング講師などを務める。クリティカルケア領域の代理意思決定支援をテーマに数多くの研究、発表も行っている。



危機的状況下で迅速に、最善の支援を行うための
考え方と関わり方を学ぶ

プログラム

T.急性期現場で考えるべき
  "患者・家族の意思決定支援"

 ●危機的状況にある家族を理解する
 ●意思決定のプロセスと看護倫理
 ●事前指示の違いについて理解する
  ・ACP(アドバンス・ケア・プランニング)
  ・LW(リビング・ウィル)
  ・AD(アドバンス・ディレクティブ)
 ●意思決定を考える上で大事なポイント
 ●時間、マンパワー不足の中での意思決定支援

U.事例で具体的に理解する!
  意思決定・代理意思決定支援の進め方と関わり方

 ●患者の意思が推定できる場合の意思決定支援
  ・急性期での意思確認の進め方
  ・患者の意思尊重と最善を考える
  ・意思確認が進まない場合
 ●代理意思決定支援と注意点
 【家族による場合】
  ・代理意思決定をした家族の支援
  ・変化する家族の気持ちへの接し方
  ・看護師が観察すべきポイント
 【家族がいない、家族に判断能力がない場合】
  ・患者にとっての最善を考える
  ・このような時の意思決定支援


ねらい
 急性期の現場では急な判断を求められる場面が多々あり、その中でも意思決定支援(代理意思決定支援も含む)を行うことは非常に判断が難しいことだと思います。
 本テーマの研究をライフワークとし、現場でも多くの場面を経験している講師が、危機的状況にある患者・家族への関わり方、ACP、代理意思決定支援の考え方などを事例で具体的に解説します。
特 色
急性期現場で患者・家族の意思の尊重や最善を考慮した
意思決定を行うためのプロセスを学ぶ


代理意思決定の場面で看護師が直面する困難や
ジレンマへの支援とスタッフ教育を学ぶ

視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年11月3日(木)
講義時間 約3.5時間
受講料 一般11,000円 会員8,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年1月4日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「急性期領域の意思決定・代理意思決定支援」

 

関連セミナー
急変を見抜く
呼吸・循環アセスメントと
的確な"報告・対応"
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671