ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17418-1
   


外来から始めるACP
少ない人数、限られた時間でできる!
外来から始めるACP
〜日常の“一言”でつなぐ看護力〜

 指導講師
東京女子医科大学病院

  山崎千草
総合外来センター
急性重症患者看護専門看護師


 2002年3月に天使女子短期大学専攻科を卒業し、札幌医科大学医学部付属病院で一般外科および産婦人科病棟で看護師、助産師として勤務後、東京女子医科大学病院の消・脳ICU、救命救急センターICUで勤務。2011年3月東京女子医科大学大学院看護学瀬研究科博士前期課程を修了し、同年に急性・重症患者看護専門看護師を取得、その後出産を経て、2020年3月に東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程を修了、現在は育児をしながら総合外来センターに所属し、3次救急対応、院内急変対応を兼務している。


  内田邦子
医療連携・入退院支援部
慢性疾患看護専門看護師


 1999年帯広高等看護学院保健学科卒業後、長期療養型病院、内科クリニック、訪問看護の勤務経験から慢性疾患看護に関心を持ち、2014年聖徳大学人文学部心理学科卒業、2016年日本赤十字看護大学大学院看護学研究科修士課程修了、同年慢性疾患看護専門看護師を取得。現在は入退院支援部門にて退院支援・調整及び慢性疾患看護の教育や研究などの活動を行っている。


  石井奈三
医療連携・入退院支援部
在宅看護専門看護師


 1997年佐賀医科大学医学部看護学科卒業後、東京女子医科大学病院NICU、小児病棟勤務。NICU、小児病棟で病気や障がいを持つ子どもとその家族への在宅療養移行支援を行う中で、在宅看護に関心を持ち、2019年聖路加国際大学大学院看護学研究科を修了し、2020年に在宅看護専門看護師を取得。現在は、退院調整部門で退院支援・調整および外来・病棟看護師への教育的支援を中心に活動している。


  藤井淳子
総合外来センター
医療連携・入退院支援部
看護師長
家族支援専門看護師


 1995年東京女子医科大学看護短期大学卒業後、同大学病院ICU勤務。ICU勤務の経験から家族看護に関心を持ち、2013年東海大学大学院健康科学研究科を修了し、2014年家族支援専門看護師資格を取得。現在は、外来と入退院支援部門の師長として退院支援・調整および家族看護のコンサルテーションを中心に活動している。


外来看護ならでは!の
技&アプローチ


 プログラム

はじめに 講師:藤井淳子氏
  なぜ外来でACPが難しいのか?
  外来だからこそのACPがある。

領域別ACPにつなげる
効果的「一言」とその背景

1.急性重症患者 講師:山崎千草氏
  救急、急性期の場面。
  泣き崩れている家族や
  動揺している家族。
  本人の意向が確認できない状況で
  外来でかける一言は?

2.慢性疾患患者 講師:内田邦子氏
  悪化と改善を繰り返しながら
  穏やかに状態が変化する。
  そもそもいつからが終末期なのか。
  ACPのタイミングは?
  きっかけの一言は?

3.在宅療養患者 講師:石井奈三氏
  ACPを進めて終診にしたのに
  また外来に?
  認知症、高齢で杖歩行患者。
  在宅移行を進めるが、頑なに拒否。
  地域、病院、患者、家族が
  つながる一言は?

4.家族支援 講師:藤井淳子氏
  患者の意向は
  家族と共有しておいてほしい。
  でも外来でいつも家族が一緒に
  いるわけでもない、時間もない。
  患者・家族とACPを進める一言は?

まとめ 講師:藤井淳子氏
  きっかけは外来、主役は外来看護師



 ねらい
 困難と思われがちな外来でのACPですが、逆に外来だからこそできることがあります。そこで発揮すべき看護の技を4人のスペシャリストがそれぞれ効果的な「ひとこと」を通して解説します。ACPを効果的に展開するきっかけを作る外来看護のやりがいを再発見していただきます。

視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月15日(火)
講義時間
約3.5時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月10日(火)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.