ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17435-1
 


呼吸生理学に基づいた急性期酸素療法
適切な酸素デバイス選択・
管理を理解する
呼吸生理学に基づいた
急性期酸素療法
「わかりやすい」と評判の講師が、
かみくだいて講義

 指導講師

  安田英人
自治医科大学附属
さいたま医療センター

救急科 助教
日本集中治療医学会専門医
日本救急医学会救急専門医
日本呼吸療法専門医
日本臨床栄養代謝学会認定医

 2006年慶應義塾大学医学部を卒業後、武蔵野赤十字病院に勤務。2010年より自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部、2013年亀田総合病院集中治療科。2014年より武蔵野赤十字病院救命救急センター。2016年度より亀田総合病院集中治療科に勤務後、2020年より現職。救急、集中治療領域における豊富な経験を基に、看護師向けの研修で活躍。


呼吸管理の基礎となる
生理学の知識から
治療、呼吸管理のポイントを
分かりやすく理解


 プログラム

1.呼吸不全の生理学
  〜なぜ人は呼吸が悪くなるのか

 ●内呼吸と外呼吸
 ●呼吸に必要な圧較差
 ●呼吸の仕組みの6段階
 ●呼吸不全の原因としての
  気道抵抗上昇、
  コンプライアンス低下、
  呼吸筋力低下

2.急性呼吸不全の
  治療戦略決定のポイント

 ●酸素化の異常
 ●換気の異常
 ●呼吸仕事量の異常
 ●呼吸のモニタリング
 ●急性呼吸不全原因疾患の診断

3.通常酸素療法/
  高流量酸素療法による
  呼吸管理のポイント

 ●通常酸素療法と
  高流量酸素療法の違い/
  選択のポイント
 ●通常酸素療法における
  酸度投与デバイス選択のポイント
  (鼻カニュラ、酸素マスク、
   リザーバーマスク)
 ●ベンチュリー効果
 ●通常酸素療法における
  酸度投与デバイス選択のポイント
  (ネブライザー付き酸素吸入器、
   高流量鼻カニュラ酸素療法)
 ●酸素療法施行時のデバイス選択に
  関わるアセスメントポイント

4.急性期NPPVによる
  呼吸管理のポイント

 ●NPPVの適応
 ●エビデンスレベルが高い
  NPPV適応疾患
 ●マスクフィッティング
 ●NPPVのモード
 ●NPPVにおける
  トラブルシューティング
 ●NPPV装着後のモニタリング

5.気管挿管/
  侵襲的人工呼吸管理の
  メリット・デメリットを
  理解する

 ●気管挿管の必要性と
  人工呼吸管理の必要性の違い
 ●人工呼吸器関連肺傷害



視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2022年11月16日(水)
講義時間
約3時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年1月11日(水)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

関連セミナー
モードと波形・ケアの
理由がわかる!
ベーシック人工呼吸管理
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
エビデンスに基づいた
急性期早期経腸栄養管理の
ポイント
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.