ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 17442-1
   


重症児デイサービスの運営・ケア
重症児デイサービスの
運営とケアの留意点
医療的ケア児・重症心身障害児のための児発・放デイ運営の実際

 指導講師

  平山五月
特定非営利活動法人
ちゃいるどりいむ
児童発達支援・放課後等
デイサービスMayMay

小児看護専門看護師

 2003年大阪市立総合医療センターを退職して進学。2009年小児看護専門看護師取得。その後、淀川キリスト教病院こどもホスピス勤務、および組織横断的に、子どもと家族の支援、退院支援や在宅療養指導などに携わり、重症心身障害児の地域生活を支援するための児童発達支援・放課後等デイサービスMayMayを2019年に設立。


活動の実際が具体的によくわかる
 プログラム

1.重心児デイサービスの現状
 ●本制度の流れを理解する
 ●デイサービスの役割、訪問看護との
  ちがい
 ●コロナ禍の影響

2.重症児デイサービスでの
  過ごし方について

 ●デイサービス到着からの過ごし方
 ●体調管理へのコミット
 ●便秘、痰への対処
 ●発達支援への関わり
 ●成長することで起こりうる
  変化の予測と早めの対応について

3.保護者との連携
 ●障害をもつ子を産んだ体験や
  NICU退院など
  保護者の気持ちを理解し寄り添う
 ●ケアや処置の最小化への見直しの
  お手伝い
 ●障害を受容していても繰り返す
  否認への理解
 ●将来のことについて
  (親亡きあとと生活介護等について)

4.学校等、他機関との連携
 ●連携の難しさを
  どのように乗り越えるか
 ●福祉と医療
 ●訪問看護、主治医、訪問診療医、
  学校との連携

5.事例の紹介
  〜活動を通して具体的に学ぶ


本人へのケア、
親との信頼関係づくり、
他機関との連携が学べる

 ねらい
 最近注目されている重症心身障害児の児童発達支援事業・放課後等デイサービスを運営する小児看護専門看護師の取り組みから、安全を担保した運営と発達支援への取り組み、保護者との信頼関係づくりを具体的に学べます。
視聴期間
約2週間
※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日
2023年1月13日(金)
講義時間
約4時間
受講料
一般13,000円 会員10,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2023年3月10日(金)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


関連オンラインセミナー情報
【録画配信】
児発・放デイ運営に関する
基本的な法律と行政対応の具体策
詳しい内容はこちら
【録画配信】
小児てんかん看護            
詳しい内容はこちら

関連商品のご案内

島田療育センター
重症心身障害児者の
療育&日中活動
マニュアル


著者/落合三枝子 ほか<

詳しい内容はこちら

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.