ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
商品番号 17458-1
  認知症高齢者の意思決定支援とACP
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約3時間  

 実践事例で最適な決定へのプロセスを学ぶ!


指導講師

 
山下いずみ
江別市立病院
認知症疾患医療センター
看護師長
教育担当看護師長
老人看護専門看護師

 札幌医療福祉専門学校卒業後、江別市立病院に勤務し現職。2008年北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修士課程(老人看護学専攻)修了。2010年12月老人看護専門看護師資格を取得。院内、地域や各種学会で高齢者と家族の意思を支えるケア、認知症高齢者のケアについての講演や発表も多い。臨床での豊富な経験を活かし、現場がイメージしやすく、実践につながる解説を行う。



【事例学習】
療養場所、合意形成の難しい選択場面で
本人や家族をどう支えるかを理解する

プログラム

1.認知症の特性を踏まえた意思決定支援の基本
  ●高齢者のエンドオブライフケア
  ●ACPの考え方とACPを進める上での大事なポイント
  ●ACPのタイミングと必要なコミュニケーション

2. 事例学習  最適な決定へのプロセスを学ぶ!
  "認知症高齢者の意思決定支援とACP"

  ●ACPのプロセスを理解する
   (ルール、話し合いの導入、代理決定者の選定、
   療養や生活での考えなど)
  ●カンファレンスの視点と役割
  ●高齢者の意向を確認するためのコミュニケーションスキル
  ●4大認知症の進行に合わせたコミュニケーション
  ●ケースで学ぶ! ACPの進め方
  【療養場所の選択】
  ●予後告知を行い、在宅看取りに向けた話し合い
  ●在宅に戻る上で本人と家族の意見が食い違う
  【合意形成が難しい場合の選択】
  ●本人の意思確認ができる
  ●本人の意思確認ができないが家族が本人の意思を推定できる
  ●本人の意思確認はできず、家族も本人の意思を推定できない


ねらい
 意思の表出が難しい認知症高齢者の意思決定において看護師の役割は重要です。本人の意思を尊重し、最善を考えた支援の方法を現場経験の豊富な講師が事例を交えて丁寧に解説します。
 療養場所の選択や合意形成が難しい場合の選択など様々なケースを基に、最適な決定へプロセスを学び、即実践に生かせる内容をお伝えします。
視聴期間 約2週間 ※ご希望の日から視聴開始できます。
開講日 2022年12月21日(水)
講義時間 約3時間
受講料 一般11,000円 会員8,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2023年2月15日(水)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら


「認知症高齢者の意思決定支援とACP」

【関連セミナー】

acp研修会特設サイトはこちら

 

関連セミナー
認知症高齢者の思いをくみ取る
コミュニケーション
対面セミナー 詳しい内容はこちら
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

関連セミナー
多疾患・病態を抱える
認知症高齢者の
アセスメント&ケア
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671